円貯Station

円貯(えんため)Stationは、お金を『節約する・貯める・稼ぐ』情報をエンターテインメントにお届けします。 日々の暮らしをチョット見直して、楽しくお金を増やしましょう♪

スーパーでもらえる無料の水は安全なの?保存方法や賞味期限、メリットやデメリットもご紹介します

スーパーで貰える無料の水

スーパーに設置されていることが当たり前のようになっているウォーターサーバー。

専用容器を購入するだけで無料でお水が持ち帰れたり、スーパーの会員になるだけで1日に一定量のお水が汲めたりと、便利でお得!

ですが、あのお水はそもそも飲料用水として安全なのでしょうか?

今回は、スーパーでもらえる無料のお水を使う時に気を付けた方が良いポイントや、賞味期限などをご紹介します!

スーパーのお水について詳しく学んで、安全に賢く利用しましょう!

 

スーパーの無料のお水はミネラルウォーターじゃないって本当?

スーパーに設置されているウォーターサーバーのお水の大半は、RO水と呼ばれる純水で、ミネラルウォーターではありません。

RO水とは、RO逆浸透膜と呼ばれる濾過膜を使用して不純物を取り除いたお水のことを意味しています。

ミネラルウォーターは「地下から採水したお水を使用したもの」という定義がある一方、

RO水は「ろ過の仕組みを示すものであるため、水道水からでも作ることができる」という点がミネラルウォーターとRO水との大きな違いです。

また、スーパーによってはRO水をピュアウォーターと表記しているところもあります。

RO水の特徴は?

RO水に使われているRO逆浸透膜は、非常に目の細かなフィルターなので、水道水を使用した場合でも水道水に含まれる不純物をほぼ取り除くことができるとされています。

一見、体に良さそうに聞こえるRO水ですが、RO逆浸透膜が取り除いてくれる「不純物」の中には、ミネラルや消毒作用としての塩素も含まれるという点が大きな特徴です。

RO水は飲んでも安全?

RO水は飲んでも安全?

実は、スーパーで汲めるRO水の水質はスーパーによって違います。

水質の良し悪しは、スーパーがどの程度のレベルのRO逆浸透膜を使っているかという点でも大きく異なります。

それだけでなく、ウォーターサーバーのメンテナンスや掃除の頻度がお店によって様々ということも、水質の良し悪しを左右しています。

RO逆浸透膜はほとんどの不純物を取り除いてくれますが、これは「RO逆浸透膜が正常な状態で活用されていた場合」という前提があり、万が一RO逆浸透膜に破損があった場合には、正常に機能していない可能性もあります。

安全性の高いお水を汲みたい場合には、利用するスーパーの衛生管理状態をチェックしておくと、ヒントになるかもしれません!

スーパーで汲める無料のお水のメリットは?

スーパーで汲める無料のお水のメリットは?
コスパが良い

何といっても、ボトル代や最初に会員登録の際にかかるお金だけで無料で水が汲めるというのは、市販のお水を購入するよりもコスパが良いです!

お水の消費量が多い家庭では、お水だけでも年間でまとまったお金になるので、節約になることは間違いなしです。

不純物がないため安全性が高い

日本の水道水は世界的に見ても、安全に対して非常に高い検査基準が設けられています。

そのため、一時期ニュースになった水道水に含まれるトリハロメタンは、人体に害を及ぼす量は含まれていないと言えます。

しかし、RO逆浸透膜を通すことでその心配すらも軽減できると言えます。

味に癖がない

RO水は不純物を取り除いた純水のため、味に癖や雑味がないため飲みやすいと感じる方も多いようです。

料理向き

小学校の理科の実験で、砂糖や塩を水に溶かす実験をしたのを覚えていますか?

お水にはもともと成分を溶かすという機能があり、そのおかげで私たちの血液は栄養分を含んで全身をめぐることができます。

RO水は不純物を取り除いたお水なので、その分たくさんの成分を溶かすことができるのです。

お料理の際には、出汁や食べ物からでる栄養分をたくさん取り込むことができ、料理がおいしくなると言えます。

スーパーで汲める無料のお水のデメリットは?

スーパーで汲める無料のお水のデメリットは?
重い

無料で汲めるとはいえ、荷物が必然的に重くなります。

食品の宅配サービスを利用している場合や、ウォーターサーバーを設置している家庭では、荷物が重いというのはデメリットに感じるようです。

普段からスーパーでお水を買っている方の場合は、さほどデメリットに感じることはないでしょう。

味に癖がない

不純物を取り除いているため味に雑味がなく、癖がなく飲みやすいという方もいれば、甘みがなく飲みづらいと感じる方もいるようです。

水だけで飲むのが難しい場合は、コーヒーやお茶を作る時のお水として利用するのがおすすめです。

ボトルの管理が面倒

ボトルは毎回買い替えるわけではなく、再利用して何度も使用するため常に衛生的に使う必要があります。

使用後は洗ってしっかりと乾かしておかなければ、カビが発生してしまうことも。

不衛生なまま使用すると、せっかくのRO水も無駄になってしまうので、ボトルの衛生管理はスーパーでもらえる水を使う際の最大のデメリットかもしれません。

水が傷みやすい

RO水は、水道水に含まれる不純物を取り除くため有害とされる物質が混ざる危険性が下がりますが、水道水に含まれる塩素も取り除かれてしまいます。

塩素はカルキ臭さをもたらす原因ではありますが、塩素が含まれることで消毒作用にもなっているという面があります。

塩素は、大腸菌やその他の菌を死滅させたり菌の増殖を防ぐ役割をしているため、その塩素がなくなるということは水が傷みやすくなることに繋がります。

ウォーターサーバー本体の衛生面が不安

ウォーターサーバー本体の衛生管理は、スーパー各店の責任で行われているケースがほとんどです。

掃除やメンテナンスを行う頻度などもお店に寄ってバラバラな上、不特定多数の方が使用するものなので、全員が衛生的に利用しているのか?という不安が残ります。

スーパーでもらえる水の賞味期限は1~3日!

前述したようにRO水は、塩素も取り除いた純粋の水であるため菌の増殖を防ぐことが期待できません。

そのため水が傷みやすく、賞味期限が非常に短くなります。

可能な限り1両日中に使い切ってしまいましょう。常温では保存せず、冷蔵庫で保管することも忘れずに!

スーパーでもらえる無料の水:まとめ

まとめ

衛生的に活用できれば、無料で汲めて節約にもなるスーパーのウォーターサーバーのお水ですが、賞味期限が非常に短いことには要注意です。

面倒でもこまめに汲み直して使うことが安全に飲むためのポイントです。

こまめにスーパーに通うことになるため、その度に無駄使いしないように気をつけましょう!

 

yentame.c-bancho.com

yentame.c-bancho.com