円貯Station

円貯(えんため)Stationは、お金を『節約する・貯める・稼ぐ』情報をエンターテインメントにお届けします。 日々の暮らしをチョット見直して、楽しくお金を増やしましょう♪

冷蔵庫の残り野菜や缶詰で作る簡単ズボラ弁当レシピをご紹介します!

f:id:yentame_02:20180326125834j:plain

カレーライスやシチュー、お鍋を作った後、中途半端に野菜が残ってしまうことはありませんか?

残った食材は、なるべく早いうちに使い切ってしまいたいですよね。

晩御飯のおかずにしても良いですが、中途半端に残った食材だからこそ、お弁当のおかずにするのがおすすめです♪

今回は、冷蔵庫の残り野菜や缶詰で作る!簡単お弁当レシピをご紹介します!ぜひ参考にしてみてください☆

 

ほんのひと手間で一気に作れる3レシピ!

f:id:yentame_02:20180326113146j:plain

まずはパパっと3品を作ってしまいましょう!メニューはこちら。

  • 春色ブロッコリーのピラフ(奥)
  • シャキシャキ食感!チーズポテトサラダ(左下)
  • 水筒に!夏には冷やしてコンソメスープ(右下)

これだけ作っても1人前125円です!

3品分まとめて材料と作り方をご紹介します。

材料(2人分/所要時間20分)

・じゃがいも 1個
・人参 1/3個
・玉ねぎ 1/2個
・ブロッコリー 6つくらい
・インゲン 1本
・ウインナー 2本
・ベビーチーズまたはスライスチーズ 1個
・卵 1個
・米1合

・塩コショウ 適量
・バターまたはマーガリン 小1
・固形コンソメ 2個
・マヨネーズ 大2
・にんにくチューブ 小1/2

作り方

(1)お米は洗って水加減をしてジャーにセット。
卵、じゃがいも、人参を洗ってアルミホイルに包み、ジャーに入れます。
皮むきの必要はありません。

f:id:yentame_02:20180326113615j:plain

 

(2)塩コショウ、固形コンソメ1個、バター、輪切りにしたウインナー1/3本分、粗みじんに切った玉ねぎ1/3量(残りは水にさらす)をジャーに入れて早炊き炊飯スタート!
混ぜる必要はありません。

 

(3)インゲンを1cmくらいの幅に切り、冷凍または生ならブロッコリーと一緒に袋に入れて500Wのレンジで加熱します。
2分程度で色が鮮やかになっていなければ追加で2分加熱します。

f:id:yentame_02:20180326113825j:plain

 

(4)チーズはスライスなら1cm、ベビーチーズなら5mm程度の角切りにします。

f:id:yentame_02:20180326113850j:plain

 

(5)炊飯している間に、コップ2杯分の水をタッパーに入れ、固形コンソメ1個と塩コショウをしてブロッコリー半量、玉ねぎ1/3量、インゲン半量、輪切りウインナー1/3量を入れてレンジ加熱します。
オート加熱2回ほどなので、500Wで4分くらいです。
温まったら混ぜておきましょう。

f:id:yentame_02:20180326113910j:plain

 

(6)ごはんが炊けたら一気に仕上げです。
アルミに包んでいたゆで卵、じゃがいも、人参を調理していきます。

  • ゆで卵は殻をむいて「白身のみ」みじん切りに、黄身はボウルに入れておきましょう。
  • じゃがいもは気になるのであれば皮をむいて(簡単につるっとむけます)、1/4量を薄めのいちょう切りにしてスープに入れます。
  • 人参も皮ごといちょう切りにして1/3量をスープに入れます。

 

\これでコンソメスープの出来上がりです!/
f:id:yentame_02:20180326114012j:plain

コンソメスープは、最後に野菜を入れた後、レンジで2分ほど加熱すれば味が馴染みます。

水筒やポットに入れておけば、お弁当の時間まに味が馴染んでいきますので、気になるのであればやった方が良いくらいの感覚です。

 

(7)じゃがいもの残りは少し細かく切るか、粗くつぶして黄身などの入ったボウルへ入れていきましょう。
チーズ、水から上げた玉ねぎと人参、ウインナー、インゲンもボウルに入れ、マヨネーズと塩コショウ、にんにくチューブを入れて混ぜます。

 

\これでチーズポテトサラダの出来上がりです!/
f:id:yentame_02:20180326114216j:plain

チーズポテトサラダは、パンに挟むだけで美味しいサンドイッチにアレンジできます

 

(8)残っている野菜を全部ジャーに入れて混ぜます。

 

\味をみて調味をしたらピラフが完成です!/
f:id:yentame_02:20180326114401j:plain

炊飯器と電子レンジを活用して、彩り豊かな3品があっという間に完成しました!

鍋の残りで!包丁要らずのズボラ豆腐焼きそば

f:id:yentame_02:20180326114454j:plain

続きまして、鍋用に買ったけれど余ってしまった野菜を使った「時短」重視の焼きそばレシピをご紹介します。

材料費はボリューム満点の大盛り1人前でたったの85円!

お腹一杯になれるのに罪悪感が少ないヘルシーレシピでもあります。

包丁不要で「時短」を極めました。

材料(大盛り1人分/所要時間5分)

・ちゃんぽん麺 1袋
・もやし ひと掴み
・木綿豆腐 1/2丁
・卵 1個

・豆板醤 大1/2
・ウェイパー(中華だし) 小1
・砂糖 小1/2
・にんにくチューブ 小1
・粉末ソース 1袋
・塩コショウ 適量

作り方

(1)ちゃんぽん麺は固まっているので、袋の上から揉んで麺と麺のくっつきを取っておきます。
やりづらい場合は少し袋を開けて、少量のごま油を入れてから揉むと分離しやすいですよ。

f:id:yentame_02:20180326114539j:plain

 

(2)豆腐ともやしをフライパンに入れ、ごま油で炒めます。
豆腐は切らずにそのままフライパンに入れて、木べらで崩していきましょう。
小さい方が「時短」になりますが、満足感を考えるとある程度の大きさがある方がいいですよ。
濃い味付けが好みであれば細かい方が味が絡みます。

 

(3)フライパンに麺を入れ、軽く混ぜてから豆板醤、ウェイパー、砂糖、粉末ソースとにんにくを入れてよく混ぜたらお皿に盛り付けましょう。

 

(4)さっと水洗いしたフライパンを再び火にかけて油をひき、目玉焼きを作ります。
黄身はお弁当の場合、固めが良いですね。
食中毒の可能性も出てくるところなのでしっかりと火を通すことが重要です。
先に出来ている焼きそばの上にトッピングして完成です。
お好みでマヨネーズをかけても美味しく頂けますよ!

豆腐にもやしは「水分が出そうで心配」という方は、フライパンで炒める前のもやしと豆腐をタッパーに入れて500Wのレンジで4分ほど温め、出てきた水分を捨ててから炒めると水分を抑えられます♪

でも、そこまで気にしなくても麺がある程度水分を吸ってくれますし、もやしはさっと炒める程度に留めて食感を楽しみましょう!

炒め過ぎ、加熱し過ぎに注意すれば、べちゃべちゃになったりすることは少ないです。

おにぎりの具にも!さば缶活用さば味噌の佃煮

f:id:yentame_02:20180326114712j:plain

次は常備食品の缶詰を使用します!

肉味噌のさばバージョンのこの料理は、日持ちするのでお弁当以外に常備菜にも出来、お父さんの酒の肴にもなる万能レシピです。

多くの家庭に常備されている「さば缶」は約100円前後。1人前で約40円です。
出来上がったら4等分にしてラップに包めば冷凍も可能です。

賞味期限が迫っている缶詰がないかどうか確認して、ぜひ作ってみてください☆

材料(4人分/所要時間10分)

・さば缶 1個
・みそ 大2
・砂糖 大2
・酒 大3
・しょうが小1

作り方

f:id:yentame_02:20180326114800j:plain

(1)さば缶を開けて身だけを取り出し、耐熱容器に入れます。
さばの臭みを消すために気持ち多めのお酒と砂糖を入れてレンジ加熱をします。
500Wで4分程度です。

 

(2)身を崩して全体を混ぜ、味噌を溶かしてしょうがを入れ、再びレンジ加熱2分。

 

(3)途中でパンパンとさばが弾けるような場合は加熱をやめましょう。
混ぜ合わせて出来上がりです。
冷えると少しとろみが出て丁度よくなります。
冷えても美味しい味付けなので、お弁当にもぴったりです♪

冷凍したさば味噌は、そのままごはんの上にオンしましょう。

ランチの時間までに溶けて食べ頃になりますし、暖かい時期には氷代わりにもなってくれます。

最後に

以上、パパっと作れて美味しい!簡単お弁当レシピをご紹介しました。

冷蔵庫にあるものは気軽にアレンジして応用していくと、買い物の手間も省けてゆっくり朝活…なんて余裕も生まれそうです♪

 

yentame.c-bancho.com

yentame.c-bancho.com