円貯Station

円貯(えんため)Stationは、お金を『節約する・貯める・稼ぐ』情報をエンターテインメントにお届けします。 日々の暮らしをチョット見直して、楽しくお金を増やしましょう♪

【一番お得な商品は?】カタログギフトで失敗しない商品の選び方&おすすめ4選!

f:id:yentame_02:20180309143209j:plain

結婚式の引き出物や出産の内祝いなど、様々なタイミングでカタログギフトを受け取る機会がありますよね。

カタログギフトを貰ったからには、

少しでもお得に交換したい!
一番価格の高い商品を選びたい!

と考えてしまうものです。

では、カタログギフトから商品を選ぶ際に少しでもお得に交換するにはどんな商品を選べば良いのでしょうか?

今回は、カタログギフトで失敗しない商品の選び方&おすすめグッズ4選をご紹介します。

 

一番「高い」商品はどれなのか?

例えば、3,000円相当のカタログギフトをもらった場合、掲載されている商品から『3,000円以上する一番定価が高い商品はどれだろう?』と思ったことはありませんか?

残念ながら、3,000円のカタログギフトに掲載されている商品の定価は、若干の金額差はあるものの、よほどのことがない限り3,000円以上の商品は掲載されておらず、上限で3,000円程度のものしか掲載されていないのが現実です。

結局、3,000円のカタログギフトから3,000円以上の商品は期待出来ないということです。

では一番「お得」な商品は何で判断するの?

f:id:yentame_02:20180309143222p:plain

カタログギフト自体の値段と、掲載されている商品の値段は同程度。

では、何でお得かどうかを判断するのかと言うと、商品の「原価率」です。

例えば、15,000円のカタログギフトを貰った時、8,000円で買えるものより13,000円で手に入るものに交換する方が、当然お得度は高くなります。

つまり、『その商品を市場で購入した場合、どのくらいの値段で買えるのか?』を考えて商品を選ぶことがポイントになるのです。

例えば、家電やノーブランド家具の場合、ホームセンターや大型家電量販店でカタログギフトよりも安い値段で商品が販売されていることがあります。

お店の会員であればポイント還元されてさらにお得になることも考えられます。

衣類やバッグ、マフラーなどのアパレル製品も、セール時期であればカタログギフトより安価で手に入ることがあります。

実際のショップで購入する方がアイテム数も多く、自分の好みを基準に選ぶこともできます。

高原価率で商品を選ぼうとする際には、普段値崩れにしくいものを基準に商品を選ぶことがポイントです。

カタログギフトおすすめ商品TOP4!

ここからは、カタログギフトに掲載されているアイテムから、原価率やお得度を考慮したおすすめ商品をご紹介します。

カタログギフトの商品選びに迷ったら、ぜひ参考にしてみてください!

おすすめ度No.1 チケット系

おすすめ度No.1は断トツでチケット系です!

レジャー施設の入場券やホテルの宿泊券、レストランのペアランチ券など体験型のアイテムは、インターネットなどで原価が検索しやすく比較的高原価率のものが多いです。

例えば、15,000円分のカタログギフトに掲載されているチケット系は、13,000円程度の内容であることが多いでしょう。

さらに、貰ったチケットでお出かけするというのは、金額だけでは算出できない経験や思い出が手に入るのも他の商品にはない魅力とも言えます♪

チケット類は自分が行ける範囲のもので選ぶことや、スケジュール管理をすることなどが必要とされますが、条件が合うようであればぜひ狙って交換したい商品です。

おすすめ度No.2 ブランドお菓子

おすすめ度No.2は、デパ地下グルメと言われるブランドスイーツことブランドお菓子です。

デパ地下で売られているブランドのお菓子は、セールになることが少なく値崩れしにくい点が魅力です。

さらに、インターネットからでも値段を確認しやすいため、高確率で原価の高いアイテムを見抜くことができます。

近くのデパートや百貨店に店舗を出していないブランドショップのスイーツを選べば、買いに行く手間も加わり、さらにお得感が増します♪

おすすめ度No.3 高級肉

おすすめ度No.3は高級肉です。

カタログギフトに掲載されている商品は、ある程度品質の保証がされています。

生鮮食品は消費しやすく、普段は高くて買わないようなものも多くあるため、カタログギフトをもらった時に交換して食べるのも楽しいもの♪

カニなどの海産物は家庭用の冷蔵庫では保管しにくいケースが多いですが、お肉の場合は家庭用の冷蔵庫でも保存しやすいのでおすすめです。

届いた時に小分けにして冷凍しておくと、普段使いもできて便利です。

おすすめ度No.4 お米

おすすめ度No.4はお米です。

お米は、必ずしも高原価率の商品とは言えないのですが、家庭にあって困るということが少ないためおすすめです。

特にブランド米の場合は、普段スーパーで買うには高価なものも多いため、交換で手に入るのはお得だと言えます♪

高齢者や女性が重たいお米を購入して自宅に持ち帰る労力を考えると、お米を自宅まで運んでもらえることもお得と考えてもいいのではないでしょうか?

yentame.c-bancho.com

カタログギフトの注意点

カタログギフトに掲載されている商品は、お皿や包丁、お鍋のセット、フライパンのセットなど、『やたらとキッチン雑貨が多いなぁ』と感じたことはありませんか?

カタログギフトによっては、主婦層をターゲットとしているため、キッチン雑貨にアイテムが偏りがちになることはありますが、理由はそればかりではありません。

キッチン雑貨の中には非常に原価率の低いものがあるのも事実です。

よほど気に入ったキッチン雑貨が見つかった場合や、前から買い替えを検討していた場合は別ですが、

カタログに掲載されている商品で特に気に入るものがなく、妥協してキッチン雑貨に辿り着いた場合は、一度インターネットなどで定価をチェックしてみることをおすすめします。

交換しようとした商品の原価率があまりに低い場合は、他のアイテムを検討してみてはいかがでしょうか?

まとめ

f:id:yentame_02:20180309143251p:plain

以上、「お得」という基準でカタログギフトの商品選びのポイントをご紹介しました。

カタログギフトは、交換するアイテムを選ぶ楽しさが醍醐味です。

欲しいと思ったものを貰えるのが一番のお得であることを忘れずに、原価率なども少し考慮しながら商品を選ぶと、納得のいく商品選びができるのではないでしょうか?

カタログギフトを貰った際には、ぜひ参考にしてみてくださいね!

 

www.ringbell.co.jp

yentame.c-bancho.com