円貯Station

円貯(えんため)Stationは、お金を『節約する・貯める・稼ぐ』情報をエンターテインメントにお届けします。 日々の暮らしをチョット見直して、楽しくお金を増やしましょう♪

【保存版】お財布を落とした時や盗まれた時にするべき7つの対処法!

f:id:yentame_02:20180220121906p:plain

『お財布がなくなった…!』

どう対処したら良いか分からないとパニックになっている場合ではありません!

お財布を落としたり盗難に遭ったりして紛失してしまった時は、焦らずに今出来る限りの対処をしていくことが大切です。

今回は、お財布を紛失した時の対処法について手順を詳しくご紹介します。落ち着いて1つずつチェックしていきましょう!

 

お財布を無くした時の対処法(全7手順)

(1)まずは身の周りを再チェック

お財布がないことに気が付いたら、焦らずに身の周りを再チェックしてみましょう。ポケット・カバン・机など、お財布がありそうな場所を確認します。

『やっぱりどこにもない…!』という場合は読み進めてください。

(2)カード類の利用停止&再発行

ここで言うカード類とは、クレジットカード・キャッシュカード・電子マネーです。

悪用されるのを防ぐために、早急に利用停止手続きをします。

利用停止手続きは、財布を確実に落としたと判断した段階で出来るだけ早く行うことがポイントです。

クレジットカードやキャッシュカードの利用停止は、電話をすれば24時間365日即座に対応してもらえる会社が大半です。

万が一に備えて、スマートフォンの電話帳に所持しているクレジットカード会社と電子マネー会社の連絡先を登録しておくと便利です。

後払い式の電子マネーや交通系ICカードなどは、ピッとタッチするだけで支払いが完了してしまうため悪用されやすくなります。

お財布を落としたことに気付いたら、クレジットカードと同じく即座に利用停止を申請しましょう。

記名タイプのプリペイド型電子マネーや交通系ICカードでも、ほとんどの会社で紛失手続きをすれば、利用停止の作業後に新しいカードに残高を移行してもらうことができます。

(3)警察に遺失届を出す

お金の絡むカード類の手続きが終わったら、最寄りの警察署でお財布を失くしたという「遺失届」を出しましょう。

どうせ見つからないだろうと諦めて手続きをしない方もいますが、これは不正解。

遺失届を出すことで、万が一カード類が悪用されてしまった場合に「いつから財布が手元にないか」を証明することが出来ます。

遺失届には、大きさ、色、素材、デザインの特徴などできるだけ詳しいお財布の特徴や中身の特徴を記しておくと、親切な人が拾って届けてくれた時に見つかりやすくなります。

住所地を管轄している警察署の場合、同時に運転免許証の再発行手続きができる場合もあります。

(4)立ち寄ったお店や使った交通機関に問い合わせをする

お財布を失くしたことに気が付くまでの間にどこに立ち寄りましたか?本屋、カフェ、コンビニ、居酒屋?

また交通手段は何を使いましたか?電車、バス、タクシー?

落とし物として拾われると、一定期間はその店舗や施設で預かっている場合も多くあります。

立ち寄ったお店や交通機関にそれぞれに問い合わせをして、落とし物として届いていないか確認してみましょう。

(5)健康保険証の再発行手続きをする

お財布の中に健康保険証を入れていた場合は、再発行手続きをする必要があります。

健康保険証はクレジットカード類とは異なり、再発行をしても健康保険証の番号が変わるわけではありません。

そのため同じ番号のカードが2枚存在することになり、悪用されてしまうこともあります。

万が一金銭トラブルに巻き込まれてしまっても、本人の意思での使用ではないため支払う必要はありません。

国民健康保険の場合は住所地の市役所で行い、社会保険の場合は会社に保険証の再発行手続きを申請しましょう。

保険証を再発行している期間に医療機関を受診する場合は、一旦窓口で立て替え払いが必要になります。

保険証が再発行されたら保険証の発行元に先に支払った分の医療費を請求するというのが一般的な流れになりますので、領収書は必ず保管しておきましょう。

(6)運転免許証の再発行手続きをする

住所地を管轄する警察署や運転免許試験場、運転免許センターで運転免許証の再発行手続きを行います。

運転免許証も「再発行」となり、新しい番号を取得できるわけではありません。

ただし、運転免許証は何度目の発行になるのかというのが番号で分かるようになっているため、万が一元の運転免許証が悪用されても本人の意思での利用ではない、ということが比較的分かりやすいとされています。

(7)ショップの会員カードやポイントカードを再発行する

忘れてしまいがちなのが会員カード類の紛失手続きです。

新しい会員カードを発行してもらい、会員番号のデータを更新してもらうようにしましょう。

手続きを忘れると、他人に不正利用される可能性もあります。

例えばレンタルショップのカードを悪用されてしまった場合、利用料や延滞料などが発生してしまうため注意が必要です。

番外編!

f:id:yentame_02:20180220122247p:plain

キャッシュカードの暗証番号はどのように管理していますか?

以下、あるおじいさんの話です。

キャッシュカードと一緒に暗証番号とおぼしき番号を書いた紙をお財布に入れていて、お財布ごとなくしてしまったそうです。

その紙には4桁の番号が5つ書いてありました。

お財布を失くして数時間後、銀行からキャッシュカードが不正に使われた形跡があるため、利用を停止する旨の連絡があったそうです。

なんとそのおじいさんの書いていた4桁の数字は全てダミー。

犯人はそのダミーに引っかかってしまい、おじいさんのキャッシュカードは不正利用されることはありませんでした。

5回入力を間違うと利用が停止するシステムを上手に使い、キャッシュカードを守ったおじいさんの知恵に驚きです。

まとめ

以上、お財布を落としてしまった時の対処法をご紹介しました。

お財布を紛失した場合は、キャッシュカードやクレジットカードなどが悪用される前に利用停止手続きを行うことがポイントになります。

今回ご紹介した対処手順を参考に、焦らず速やかに1つずつ対処しましょう!

 

yentame.c-bancho.com

yentame.c-bancho.com