円貯Station

円貯(えんため)Stationは、お金を『節約する・貯める・稼ぐ』情報をエンターテインメントにお届けします。 日々の暮らしをチョット見直して、楽しくお金を増やしましょう♪

【あなたは大丈夫?】買い物依存症になる原因や克服する方法とは

f:id:yentame_02:20180110134758j:plain

アルコールやギャンブルなど様々な依存症がありますが、そのうちのひとつに買い物依存症があります。

主に女性に多いと言われており、最悪の場合、自己破産するまで買い物を続けてしまうのです。

誰にでもなりうる可能性があると言われており、買い物することによってストレスを発散している方は特に要注意です。

今回は、買い物依存症になってしまう原因や克服方法をご紹介します。

 

買い物依存症とは?

買い物依存症とは、必要がない物でも「買いたい」という衝動に駆られて購入し、後悔を繰り返してしまう症状のことです。

物に執着しているのではなく「買う」という行為に執着しているとされ、精神疾患のひとつとされています。

買い物をすることで一時的にストレスや嫌な気持ちから解放され、買い物をすることでしか心のバランスを保てなくなってしまうのです。

最悪の場合、借金を繰り返したり自己破産に至ったりするケースもあると言われています。

買い物依存症の特徴

特別に欲しいものではないけれど、衝動買いしてしまい後悔するという経験は誰にでもあることでしょう。

では、買い物依存症と診断される境界線はどこにあるのでしょうか?簡易診断でチェックしてみましょう。思い当たるところがあったら要注意です。

  • お店の人にチヤホヤされると良い気分になって買ってしまう
  • 高いものが買いたくなる
  • 買ったものを捨てたり整理したりできず、部屋が買ったものであふれているのにまた買ってしまう
  • 買い物をしたいがために、家族や友達に嘘をついてしまう
  • 買い物がしたいために、お金がないのにお金がある振りをしてしまう
  • 買い物をした後の罪悪感や不安感が強い

買い物依存症の原因

買い物依存症だけに限らず、依存症の原因とされるひとつに「快楽の追求」というものがあります。

ある行為をすることで結果的に心が満たされた場合、その快楽を求める行為をやめられなくなってしまうのです。

買い物依存症の原因は一般的にストレスだと言われていますが、ストレスのかかる生活を繰り返す中で、買い物というきっかけが「楽しい」「褒められて嬉しい」などの心の快楽を得た時に依存に繋がってしまうとされています。

買い物依存症を克服する方法

f:id:yentame_02:20180110141153p:plain

買い物依存症は、克服出来ないものではありません。買い物に繋がってしまうプロセスを1つずつ失くしていくことで克服することが出来ます。

周囲に告知する

大変勇気が必要なことですが、自分が買い物依存症であることを周りの人に伝えましょう。伝えておくことで、周りから注意をしてもらえるきっかけになります。

また、周囲の人に話すことで自分が「買い物依存症である」ということを客観的に認知するようになり、自分でもブレーキがかけやすくなるとされています。

クレジットカードを持たない

買い物依存症の人は、次第に高額な商品を買いたくなるというケースが多々あります。現金では支払えないため、クレジットカードを限度額まで使ってしまうのです。

楽しみにしている買い物を自分から断つのは苦しいことですが、クレジットカードを持たないようにして、まずは買い物出来ない状況を作ることが大切です。

インターネットでショッピングのページを見ない

買い物依存症の人は、店頭ばかりが誘惑の窓口というわけではなく、インターネットを利用している時にふと目に入る広告などからも簡単に誘惑されてしまいます。

インターネットのショッピングページは、店頭に出向くことなく自宅でもオフィスでも利用できる手軽さがあるため非常に危険です。見ないようにすることを心がけましょう。

趣味を見つける+気持ちの整理法を身に付ける

買い物依存症の根底にあるものは、ストレスがかかった生活の中で見つけた快楽が買い物であるということです。

そのため、日々の生活の中で買い物に代わる「喜び」を見つけることが大切です。ストレスを忘れてしまうほど没頭できる趣味を見つける努力をしてみましょう。

同時に、気持ちのコントロールができる方法を探してみましょう。ピラティスや半身浴など自律神経の乱れを整えるとされるものを取り入れてみても良いでしょう。

買い物依存症外来に行く

どうしても1人の力では無理という場合には、勇気を出して買い物依存症外来を覗いてみましょう。

カウンセリングはもちろん、債務整理の仕方や買い物をしたくなる気持ちを抑える条件反射制御法など、様々なアプローチで買い物依存症を克服するサポートをしてもらえます。

買い物依存症外来のある病院が近くにない場合には、精神科や心療内科を受診しても良いでしょう。

買い物依存症の結末を考えてみる

f:id:yentame_02:20180110141208p:plain

買い物依存症の人は、エスカレートしてしまうと手元に現金がなくても買い物をするようになります。

クレジットカードを頻繁に使用し、気が付いたら限度額に到達していたなんてことも珍しくありません。

ついには消費者金融などから借金をしてでも買い物を繰り返し、最終的には自己破産するしか方法がなくなってしまいます。

自己破産すると自由に引っ越しをすることができません。長期の旅行にも制限がかかります。

信用情報機関が作成・運営する情報に名前が記録されることとなり、お金が必要なことがあったとしても、当面の間は新たな借り入れができなくなります。

そうならないためにも、「今」買い物を辞めるべきだという判断ができるように、最悪のケースを知ることは非常に大切です。

まとめ

買い物依存症は、徐々にエスカレートしていく依存症のうちの1つです。「もしかして自分も?」と不安になったら、早めに依存症を克服できるような手段に出ることが賢明です。

買い物依存症は精神疾患の1つです。1人で対処できない場合は医療機関を積極的に活用して乗り越えていきましょう!

 

yentame.c-bancho.com www.nhk.or.jp

www.nhk.or.jp