円貯Station

円貯(えんため)Stationは、お金を『節約する・貯める・稼ぐ』情報をエンターテインメントにお届けします。 日々の暮らしをチョット見直して、楽しくお金を増やしましょう♪

【子育てママ必見】赤ちゃんにもママにも優しい♪おしりふき代を節約する方法4選!

0

オムツをしている赤ちゃんに欠かせないのが「おしりふき」。

オムツを替える時、1枚…2枚…と取り出すと同時に勿体ない!と悩んではいませんか?

ユルユルのウンチをされた日には、下手すると10枚くらい使ってしまうママさんもいるのではないでしょうか。

今回は、出来るだけおしりふき代を節約したい!とお悩みのママさんのために、簡単に出来るおしりふき節約法4選をご紹介します♪

 

おしりふき代の節約法

0

①おしっこの時は半分に切ったおしりふきを使う

おしっこだけの時は、おしりふきを半分に切ったものを使用するという方法です。

商品にもよりますが、おしっこだけの時におしりふきを丸々1枚使うとなると大きい場合も多いもの。

1枚を半分にすることで、「月5パック使っていたのに、月3パックに減った!」というママさんもいました♪

②安い時にまとめ買いする

西松屋やアカチャンホンポなどのセール時や、楽天やAmazonなどのネット通販で
安い時にまとめて買う方法です。

なくなったら1~2パックずつ、近所のドラッグストアで買うという方も多いですが、それは一番コスパが悪い買い方です。

ネット通販なら、店頭で悩む時間も重たい荷物を持って帰ってくる手間も省けます♪

③一枚をきちんと広げて有効活用する

意外と見落としがちなのが、1枚をきちんと広げて使っているかどうかです。

慌てていると、ついおしりふきをクシャクシャのまま使ってしまいがちですが、1枚をしっかり広げるだけで拭ける面が大きくなります。

ウェットティッシュ系全般に言えることですが、しっかり広げて拭ける面を多くとることを心がけると思ったより使う枚数が少なくて済みます♪

あるものを無駄なく使うことは、節約の基本心得ですね!

④代わりにコットンや古布を使う

おしりかぶれなどでお悩みのママさんにおすすめなのが、コットンを使用する方法です。

コットンは、産婦人科でも新生児用のおしりふきとして使われています。

わざわざコットンを買わなくても、着なくなったTシャツや肌着、タオルをおしりふきサイズにカットして使う方法もおすすめです。

Tシャツや肌着、タオルを再利用する場合はコットン100%で清潔なものを使ってあげてくださいね♪

コットンや古布をおしりふきとして使う場合は、

  • 空のペットボトルや100均のドレッシングボトルに入れたお湯で洗い流してからコットン等で拭いてあげる
  • タッパーにお湯と一緒にコットンを入れて湿らせておく

この2つの方法が便利でおすすめです♪

おしりふき代を節約する際のポイント

育児中はどうしても近視眼的になりやすいもの。

「おしりふき代を1円でも安く済ませたい!」とあの手この手を使いたくなります。

でも、節約のためにとママの気持ちがヘトヘトになってしまっては本末転倒です。

そのため、

  • 品質(赤ちゃんに優しい)…オムツかぶれしている子供のおしりを早く治してあげたい!
  • 価格(お財布に優しい)…手間が増えても、節約したい!
  • 手間(ママに優しい)…出費が増えても、楽したい!

以上3つのどれを優先するのか?をポイントに、実践する節約法を考えてみてくださいね。

最後に

子育て中のママは、毎日家事と育児で忙殺されているもの。その時々で節約方法を変えたってOK!

そもそも、おしりふきはオムツが取れるまでの期間限定の出費です。おむつ生活をしている時は「これが永遠に続くの…?」と思ってしまいますが、そんなことはないので大丈夫♪

ママが笑顔でいられる方法を模索するということも忘れないようにしてくださいね!

 

yentame.c-bancho.com

yentame.c-bancho.com

yentame.c-bancho.com