円貯Station

円貯(えんため)Stationは、お金を『節約する・貯める・稼ぐ』情報をエンターテインメントにお届けします。 日々の暮らしをチョット見直して、楽しくお金を増やしましょう♪

【主婦のキッチン大公開】心にゆとりが生まれる台所収納のコツを伝授します!

f:id:yentame_02:20171213121215j:plain

キッチンは主婦にとって、まさに自分だけのテリトリー。自分だけの部屋はなくてもあなたにはキッチンがあります。

では、あなたは今のキッチンに満足できていますか?筆者の私は、我が家のキッチン構造はすごく好きなのですが自分の使い方には満足出来ていませんでした。

そこで今回は、愛読している雑誌「サンキュ!」を参考に生み出した、簡単に出来るキッチン収納テクニックをご紹介します。

さあ、わたしと一緒に使いやすいキッチン収納に変えていきましょう!

まずはキッチンの問題点と良い所を書き出してみよう

キッチンの収納方法はたくさんの雑誌やテレビで取り上げられていますが、ただ今のキッチンをなんとかしたいと思うだけでは何から手を付けて良いのか分かりません。

では、キッチン改革の入り口です。まずはあなたのキッチンの「問題点」と、人に自慢したい「良い所」を3~5個ずつ書き出してみましょう!

「あなたの気持ちをまとめてみようシート(入力例付き)」をご用意しましたので、ダウンロードできる場合はシートに書き込むとあなたの気持ちがわかりやすいですよ!

f:id:yentame_02:20171213121658j:plain
あなたの気持ちをまとめてみようシート

書き出すことであなたの素直な気持ちが分かってきますので、手書きでも構いません。書き出してみて初めて、本当に変えるべきところが分かってくるのです。

「良い所」であなたが書き出した項目は今のあなたの宝です。大切にそのままにしておきましょう。あなたが変えるべきところは「問題点」です!

問題点と良い所をそれぞれ3つの区分に分けてみよう

書き出した「問題点」と「良い所」が下記のABCのどれに該当するのか考えてみましょう。該当はいくつでも構いません。

A:動きやすさ
B:物量
C:見た目の美しさ

3つに分けてみて、どうでしたか?あなたのキッチンの「問題点」はどの区分が一番多かったですか?そして「良い所」はどうでしょう?

次に、「問題点」の中で一番多かった区分について見て下さい。

A:動きやすさ

無駄な動きをすることなく行動することができますか?例えば、「物を動かすことなく掃除ができる」とか。動線を考えて収納を配置することで解消できます。

B:物量

物を最小限に絞れていますか?物が多いと掃除がしにくいうえ、見た目が乱雑に感じてしまいます。ついつい100円均一でかわいい小物を見つけると飾りたくなってしまいますが、こまめに掃除をしていないとホコリをかぶってしまいます。

C:見た目の美しさ

女性なら誰しもちょっとした美しさでテンションが上がるものです。ただ、B(物量)でもお伝えした通り、余計な小物を飾るのは物量を増やしてしまうだけです。置いている物の色や形、種類を統一するだけで不思議と美しさを感じます。

「あなたの気持ちをまとめてみようシート(Excel)」をダウンロードした場合は、今のキッチンの満足度が自動でグラフになるので分かりやすいですよ!

f:id:yentame_02:20171213120549p:plain あなたの気持ちをまとめてみようシート(Excel)

さあ、あなたの気持ちが分かったところで、どのように実践していきたいかを考えてみましょう。詳しく書く必要はありません。「どこを」「どうする」程度で大丈夫。だって、あなたの頭の中にはしっかりとした計画が出来ていますよね。

実践!キッチンを変えてみよう

では、前に述べたことを前提に筆者の私がキッチンを変えてみましょう。まずはキッチン全体を見ながら、問題点&良い所、区分を確認します。

問題点<筆者の場合>

冷蔵庫横の物が多くて見た目がうるさい。→区分:B・C
調味料の棚をもう少しオシャレにしたい。物を減らして掃除しやすくしたい。→区分:A・B・C
調理台の拭き掃除を簡単に出来るようにしたい。→区分:A

良い所<筆者の場合>

① タブレットが近くにあるので料理の時にさっと見ることができる。→区分:A
② 砂糖と塩が良い位置にある。→区分:A
③ コーヒー関連の上にコップ収納、トースターの上にお皿関係が収納されているため動きやすい。→区分:A

この「問題点」と「良い所」の内容と区分の割合から、筆者の私は「動きにはまず満足しているが、物量と見た目に不満がある」ことが分かります。良い所は自分なりに満足している部分なのでそのままにしておきましょう。

筆者が実践!

では、問題点を1つずつ改善していきましょう!まずは、問題点-①の「冷蔵庫横」を変えてみました。

f:id:yentame_02:20171213104535j:plain

我が家の冷蔵庫は、横面のみ磁石が使える仕様です。つい色々な物を貼り付けてしまい、それが原因で不満だと感じていたようです。

そもそも、私は置場を間違えていますよね。なぜネックレスが冷蔵庫横にあるのか。その物に合ったおうち(置場)を作ってあげるのが収納の基本です。

ネックレスはクローゼットに移動しておきましょう。ミトンも3つもいりません。なぜなら、私には手が2本しかないから。その他数点を正しい置場に変えるだけで何だかスッキリしました!

次に、問題点-②の「調味料の棚」付近を変えてみました。

f:id:yentame_02:20171213111659j:plain

調味料の棚は撤去しました。調味料を常に表に出しておく必要はありません。引出しにしまえるスペースがあるので、100円ショップのセリアで買った小物入れに入れて移動します。引出しの中に収納することで、スッキリ見せるだけでなくホコリをガードすることも出来ますね!

砂糖、塩、だしの素とインスタントコーヒーは頻繁に使うものなのでそのまま置いておきます。ここが置場と分かるようにトレーを置いておくのがポイントです。

続いて、問題点-③の「調理台」全体を見てみましょう。調味料の棚を撤去したことで物が少なくなったので、拭き掃除が断然楽になりました。

f:id:yentame_02:20171213111723j:plain

細かな調味料を引き出しの中に移動したことにより、小瓶についたホコリを1個ずつ拭き取る作業をせずに済みますし、棚を動かしての拭き掃除もなくなりました。

あまり違いは分からないかもしれませんが、自分としては満足です。掛かった費用は100円ショップのセリアで小物入れを2個、ダイソーでトレイを1個を買っただけなので合計324円です。

「良い所」で書き出した部分はそのままに

書き出して分かった「良い所」に関しては、そのままの状態をキープしています。

良い所-③でご紹介しましたが、筆者の台所は写真左側が「パンエリア」でその上の棚は「お皿中心の置場」、写真右側が「コーヒーエリア」でその上の棚は「コップ中心の置場」となっています。

このように、上下左右に決まった置き場を作っておくことによって朝食作りの時の動線がとても良くなります♪どこに何を置こう?と悩んだ時は、普段の動線を中心に収納の配置を決めるのがおすすめです。

まとめ

キッチンが使いやすくなると、料理も今までより早く作れるようになります。物が減ると不思議と頭の中もスッキリして素早く行動できます。早く行動できるようになった分、時間に余裕が生まれ、心にもゆとりを持てます。良い事尽くめですね!

収納の基本をまとめると…

・物のおうち(置場)を使う場所の近くに決めてあげること。
・物を必要以上に増やさないこと。
・色、形、種類をなるべく統一し、見た目にも満足すること。

キッチンを使うのはあなたです。他の誰でもなく、あなたが満足することが大切です。一度にたくさんの問題点を解決する必要はありません。1つずつ、あなたも「自分が満足するキッチン」に変えてみてくださいね!

 

yentame.c-bancho.com

yentame.c-bancho.com