円貯Station

円貯(えんため)Stationは、お金を『節約する・貯める・稼ぐ』情報をエンターテインメントにお届けします。 日々の暮らしをチョット見直して、楽しくお金を増やしましょう♪

【2円引きorポイント付与】マイバッグの持参でお得なサービスが受けられるスーパーマーケット特集!

f:id:yentame_02:20171101123005j:plain

スーパーで買い物する際に必要な買い物袋、皆さんはどうしていますか?

エコバッグが浸透してきているとは言っても、全ての買い物でレジ袋を辞退する人はまだ少ないのではないでしょうか。

環境のために良いのは分かっていても、面倒だったりうっかり忘れてしまったりするんですよね!

でもエコバッグを持参するだけで、毎日の買い物が2円お得になるならどうでしょう?毎日スーパーに行く人なら毎月60円、1年で720円お得になります。たかが2円も侮れませんよ!

今回は、レジ袋辞退で「2円引き」「2ポイントバック」のお得なスーパーをご紹介します。

 

レジ袋持参で「2円引き」してもらえるスーパー

エコバッグを持参すると、レジ袋代として2円を値引きしてもらえるサービスがあるスーパーをご紹介します。

いなげや

東京・神奈川・千葉・埼玉に展開するいなげや。レジ袋辞退で2円引きの他にも、レジ袋の代わりに「アイバスケット」という繰り返し使える専用カゴの利用も推奨されています。

いなげやの「アイバスケット」はピンク色で、形は店内の買い物カゴと同じ。アイバスケットを店内カゴと重ねてお買い物をすると、レジで商品をアイバスケットに入れてくれます。

清算後に支払い済みの印を付けてくれるので、あとはそのまま持ち帰りOK!店頭にて315円で購入できます。不要になったら返品&返金が可能です。

⇒ いなげや レジ袋削減の取り組み

エーコープ関東

神奈川、東京、埼玉、群馬に展開するJAグループのスーパーマーケットです。100円以下の買い物には2円引きは適用されません。

専用カゴ「マイバスケット(300円)」の利用も推奨されています。土の付いた野菜等を買う時に便利なカゴに敷く中敷きも別売り(100円)されているのが特徴です。

お買物袋持参運動|エーコープ関東

Odakyu OX

以前はレジ袋辞退で5ポイントバック制でしたが、2010年1月以降は買い物1回につき2円引きとなりました。

Odakyu OX

成城石井

輸入食品など、他のスーパーとは一味違う食材を多く扱う成城石井。関東を中心に中部、近畿地方などに展開しています。高級スーパーのイメージなので2円引きサービスは嬉しいですね。

www.seijoishii.co.jp
京王ストア

主に京王線沿いに店舗がある私鉄系スーパーの京王ストア。系列の「京王ストアエクスプレス」と「キッチンコート吉祥寺店」では2円引きサービスは行われていませんのでご注意下さい。

京王ストア・キッチンコート Web Site Top page

東武ストア

東京、千葉、埼玉の東武鉄道路線を中心に店舗を持つ東武ストア。レジ袋削減運動の始まりは古く、1994年から行っています。

ようこそ東武ストアホームページへ

ヤオコー

関東1都6県に展開するヤオコーは、店内に「キッチンカフェ」という休憩所や、レシピの提案や相談が受けられる「クッキングサポート」コーナーなどが設けられるなど、無料のサービスが充実しています。

www.yaoko-net.com
ヨークマート

首都圏に展開するヨークマートは、セブン&アイ・ホールディングスグループで、セブンプレミアムの商品を買うことができます。レジ袋辞退で2円引きです。

ちなみに、同グループのヨークベニマル(北関東~東北の数県に展開)は、9割の店舗でレジ袋無料が廃止され、レジ袋を購入する場合は1枚3円です。

www.yorkmart.com

レジ袋持参で「ポイントバック」を受けられるスーパー

続いては、エコバッグを持参すると数円分のポイントを還元してもらえるスーパーをご紹介します。

サミットストア

サミットストアでは、杉並区などの一部店舗が既にレジ袋有料化に取り組んでいます。還元されるエコポイントは2ポイント(2円分)。

また季節ごとに、数量限定でオリジナルデザインのエコバッグが95円で発売されます。5キロのお米が入るサイズたっぷりサイズ。完売する前にぜひ手に入れたいですね!

news.shoninsha.co.jp
www.summitstore.co.jp
スーパー三和

東京、神奈川に店舗を持つスーパー三和では、独自のポイントカード「三和ポイントカード」を発行しています。もらえるエコポイントは1ポイント。少ないようにも感じますが、ポイント還元率がお得なんです!

というのも、250ポイント貯めると300円分のお買い物ができちゃうんです。エコポイントとポイントアップデーなどを利用して沢山ポイントを貯めましょう♪

地域密着スーパー三和(SANWA)オフィシャルサイト|株式会社三和

東急ストア

首都圏と静岡県に店舗を持つ東急ストアでは、独自のポイントカード「TOKYUポイントカード」を発行しており、レジ袋を辞退するとエコポイントとして2ポイント(2円分)がもらえます。

www.tokyu-store.co.jp
マルエツ

マルエツでは、スーパーオリジナルのポイントカードではなく「Tカード」を使用します。貯まるポイントは共通ポイントとしての「Tポイント」なので、TSUTAYAやファミリーマートを始め、沢山の提携先で使えるのが魅力!

レジ袋を持参すれば、Tポイントが2ポイント(2円分)進呈されます。マルエツに行く際は、Tカードとエコバッグを必ず持参しましょう!

マルエツ|しあわせいかつ。

ライフ

首都圏と近畿圏に展開するライフでは、2ポイント(2円分)がエコポイントとしてポイントカードLaCuCaに貯まります。LaCuCaのポイントカードはもともと電子マネーが付いているので、現金をチャージすれば便利な電子マネーとしても使えます♪2018年3月末まで発行手数料無料キャンペーンを実施しているので、持っていない方は要チェック!

⇒ 電子マネー機能付きポイントカード LaCuCa | 株式会社ライフコーポレーション

www.lifecorp.jp

レジ袋有料化の大手スーパーが続々!

大手スーパーマーケットチェーンでは、ここ10年の間に次々とレジ袋の有料化を進めています。

中には、一度は有料にしたもののやっぱり無料に…と、行きつ戻りつしているスーパーもあるようですが、基本的にはレジ袋は削減されていく方向です。

すでに実行している人も多いと思いますが、これからは折りたためるエコバッグやビニール袋を常にカバンに入れておくと良いですね!

それでは、レジ袋が有料の大手スーパーを見てみましょう♪

イオン

全国展開のスーパーの中で、最初にレジ袋有料に取り組んだのがイオンです。2007年に東山二条店からスタートしたこの取り組みは、10年をかけて1,574店舗にまで広がっています(2017年2月調べ)。

現在ではレジ袋の無料配布は廃止され、それと共に2円引きなどのサービスも終了しました。現在、レジ袋は小が3円、大が5円です。390円でマイバスケットの取り扱いも有ります。

⇒ マイバスケットの利用方法

www.aeon.info
イトーヨーカドー

2009年12月から行われていた「レジ袋持参で2円引き」のサービスは、2013年のレジ袋有料化に伴い終了しました。現在、食品売り場でのレジ袋は2円です。300円でマイバスケットの取り扱いがあります(一部店舗を除く)。

www.itoyokado.co.jp
西友

レジ袋有料化が全店舗に及んだのは2012年7月です。大手チェーンの中で、最初に全店舗でレジ袋有料に取り組んだのが西友でした。それまではレジ袋持参で2円引きなどのサービスが行われていましたが、今では廃止されています。現在は、Mサイズが2円、Lサイズが3円です。

www.seiyu.co.jp
アピタ・ピアゴ

アピタ・ピアゴの食料品売り場では、レジ袋の無料配布の廃止が2007年6月に始まり、2014年2月には全店舗にまで拡大しました。レジ袋は1枚5円と割高なので、マイバッグは必須です!

www.uny.co.jp

まとめ

レジ袋には、環境のために削減に協力するよう行政からの指導があるため、スーパーが大手であるほど有料化が進んでいます。今2円引きやポイントバックが実施されているスーパーでも、サービスがいつまで続くかは分かりません。

節約のためには、数円位まぁいっか…は禁物です!今のうちにエコバッグを持ち歩くクセをつけ、受け取れるサービスはキッチリ受けておきましょう。

 

yentame.c-bancho.com

yentame.c-bancho.com