円貯Station

円貯(えんため)Stationは、お金を『節約する・貯める・稼ぐ』情報をエンターテインメントにお届けします。 日々の暮らしをチョット見直して、楽しくお金を増やしましょう♪

【お酒をやめたい!】今日からできる節約のために禁酒する方法3選!【断酒】

f:id:yentame_02:20171017113506j:plain

ストレス発散方法は人それぞれですが、中には毎日の晩酌や、気の置けない友人達との飲み会でストレスを発散している人も多いのではないでしょうか。
しかし、毎日お酒を飲んだり頻繁に飲み会に行ったりしていると、たとえストレス発散が出来たとしても結果的には大きな出費となってしまいます。
何らかの理由で節約したい時、簡単に着手できるのは、お酒やたばこ、お菓子などの嗜好品を減らしていくことです。そこで今回は、節約のために禁酒をしたい!という人におすすめの禁酒方法をご紹介します。

ノンアルコール飲料に変える!

いくら節約のためだからといっても、お酒が好きな人にとって、お酒をいきなりやめてしまうのは大きなストレスとなり、かえってリバウンドのような状態に陥ってしまいます。

そこでおすすめしたいのは、お酒をノンアルコール飲料に変える方法です。最近はノンアルコール飲料の種類が豊富になってきており、カクテルからビールまで様々な種類が出ています。

パッケージも本物のお酒とほとんど変わりませんし、ほとんどのノンアルコール飲料は本当のお酒よりも安く手に入ります。プラシーボ効果のように、まるでお酒を飲んでいるかのような気分になることで、ストレスを感じにくくすることができるでしょう。

dic.nicovideo.jp

ビール1缶(350ml)で200円程度ですが、ノンアルコールビール1缶(350ml)は100円程度で購入することができます。これだけで100円の節約になりますね。

例えば、週に5本、本物のビールを飲んでいる人にとっては1ヶ月で約2,000円、1年で約24,000円の節約になります。

ビール以外のお酒を飲む人にとっても、ノンアルコール飲料にすることで節約効果が期待できます。

また、ノンアルコール飲料には、トクホ認定されているものや脂肪や糖の吸収を抑えてくれるものもあります。

飲み会を回避して自己啓発をする!

飲み会が好きでよく行く人は、それだけお酒を飲む機会も増えますよね。仕事上の付き合いなどでどうしてもお酒を飲まなければならない時は別ですが、飲み会は結構お金がかかるものです。

避けられる飲み会は徐々に減らし、お酒に触れる機会を作らないよう心がけましょう。飲み会に誘われたら、「薬を飲んでいて飲み会には出られない」「今月は懐が厳しくて」「仕事が忙しい」「先約がある」などの言い訳を使うことも効果的です。

あまり飲み会を断ると角が立つこともあるかもしれないので、仲の良い人であれば正直に「節約のために禁酒している」ことを伝えても良いでしょう。

そして、飲み会にかかる時間とお金を自己啓発に当ててみましょう!語学を習う、読書をする、映画を観に行く、運動するなど、意識をお酒以外に向けることで、一時のストレス発散よりももっと有意義な時間を過ごすことができるのではないでしょうか。

例えば、週に1回飲み会に参加して4,000円使えば、1ヶ月で16,000円の出費になります。この出費をインターネット英会話への投資に変えて、月額900円~始められる英会話のオンラインレッスンを受けてみるのはいかがでしょうか。

online.ecc.co.jp

語学の本で勉強するのであれば1冊1,500円程度、映画や読書で勉強するならレンタルや古本、図書館などを活用して無料~1,000円程度で済みます。そうすれば1ヶ月1万円以上節約することも夢ではありません♪

運動して気を紛らわせる!

人間はやめようと思えば思うほど、意識がやめたいものに向きがちです。そのために、意識をお酒からそらすために体を動かすことをおすすめします。

家の周りをランニング・ウォーキングする、ヨガマットやバランスボールを買って家で軽く運動するなどです。運動することによって、自然と心地よい疲労感と気分の良さを味わうことができます。

会社や家の近くにプールや運動施設がある場合は、週1~2回通ってみるのもおすすめです。高価なスポーツジムに通わなくても、市や区の公共施設を借りて運動すれば、1回300円~600円程度で運動することが出来ますよ♪

自治体によっては、ワンコインキャンペーンなどを行っていいるところもありますので、ぜひご自分の地域をチェックしてみてくださいね。

retrip.jpwww.hamaspo.com

 

以上、今日からできる節約のために禁酒する方法3選をご紹介しました!
3つの方法、いかがでしたか?一度身についた癖を変えることは容易ではありません。そのため、まずは何のために節約するのか目的を明確にしてみましょう!目的意識があれば、くじけそうな時も頑張れますよ♪