円貯Station

円貯(えんため)Stationは、お金を『節約する・貯める・稼ぐ』情報をエンターテインメントにお届けします。 日々の暮らしをチョット見直して、楽しくお金を増やしましょう♪

【主婦必見!】4人家族の食費を月1万5千円に抑えられるたった3つの方法!【食費節約】

f:id:yentame_02:20170926124542j:plain

4人家族の食費は、月平均4万~6万円と言われています。なんとか高い食費を節約しようと、もやしや豆腐などの激安食材を使って奮闘している主婦の方も多いのではないでしょうか。

しかし、ちょっとした3つの工夫だけで家族4人の食費を月1万5千円に抑えることができるんです!今回は、とある節約主婦の方に究極の食費節約術を伝授してもらいました!

 

 

今日は家族4人の食費を月1万5千円に抑えるという究極の食費節約術を教えて頂けるということで、とてもワクワクしています!

 

 

家族4人の食費を月1万5千円に抑えるなんて、相当キツイんでしょ?と思われそうですが、苦痛もないですし決してもやしや豆腐ばかりを食べているわけではないんですよ!
とても簡単なので、今日から皆さんでも実践出来る方法ばかりです。

 

 

気になりますね~!それでは早速教えて頂きましょう!

 

 

1.スーパーでは、特売品よりも〇〇をチェック!

スーパーへ行くと、まずはチラシに載っている特売品や広告の品を購入しがちですよね。

もちろん、特売品はその日限りで安くなっているイチオシの商品なので、通常購入よりはお得ということに間違いはありません。

しかし、我が家では特売品を購入することは滅多にありません!1ヶ月に1度、あるかどうかくらいの購入頻度です。

f:id:yentame_02:20170926121143p:plain

では、特売品ではなく何を購入しているのか…、それは見切り品です!

ほとんどのスーパーで見切り品コーナーが設置されているので、スーパーに入ったら真っ先に見切り品コーナーへ直行しています。

見切り品となっている商品は、賞味(消費)期限が近いものや、商品入れ替え品、やや鮮度が落ちてきた食材など、幅広くあります。

野菜や肉、魚はもちろん、加工食品や調味料、缶詰、レトルト食品など、まだまだ賞味期限が長いものもあるので、掘り出しものも満載なんです!まさに、食費節約の宝庫とも言えます。

見切り品が安い理由は、基本的に「早く使い切ること」を前提にしているからなのです。しかし安いからといって、決して悪いものが置かれているということではありません。

見切り品であっても、賞味期限内に使い切ればなんら問題はありません。むしろ、賞味期限が近いというだけで、同じ商品が半額、ときには定価以下で手に入ることもあるので、かなり食費の節約になります!

f:id:yentame_02:20170926121230p:plain

「見切り品ばかり購入して、スーパー側に悪いなぁ」という気持ちになってしまう人もいるようですが、スーパー側からすると、見切り品を買い占めてくれることはどちらかと言えば嬉しいことなのです!

なぜなら、見切り品はそのまま売れ残ってしまえば廃棄となってしまうからです。廃棄になれば、お店の利益はゼロどころかマイナスになります。

見切り品として売れれば、わずかでもお店の利益となるので、積極的に購入することは決して悪いことではないんですよ♪

ちなみに、我が家の買い物カゴは、いつも赤札(値引札)でいっぱいになっています。買い物かご満タンに買い物をしても、千円札でお釣りがくることもありますから、見切り品様様です!

見切り品の多いおすすめのスーパーはココだ!

私が見切り品をゲットするため、頻繁に使っているスーパーは主に3箇所あります。スーパーによって見切り品を狙える時間が違うので、あわせてお教えしますね!

f:id:yentame_02:20170926121327p:plain
www.yorkbeni.co.jp

まず、私が一番行く回数が多いのが、「ヨークベニマル」です。ヨークベニマルの野菜は、新鮮で美味しく、プライべードブランド商品も豊富なのでコストパフォーマンスにも優れています♪

野菜の見切り品は、夜よりも昼間の時間帯の方が手に入りやすいです。私の経験上では、お昼くらいがベストタイミングです!

お肉やお魚、お惣菜類は決まって20時過ぎに一斉に安くなります!そのため、値下がり待ちの人がたくさんいるときもありますが、そこは負けずに勝ち取りましょう!

f:id:yentame_02:20170926121544p:plain
www.aeon.info

2つ目のおすすめスーパーは、「イオン」です。イオンは店舗数も多いため、食料品コーナーの営業時間が店舗によって異なります。

そのため必ず何時に安くなるとは言い切れませんが、19~20時の間が比較的値下がりしやすいです。

ただ、毎月20日と30日のお客様感謝デーは、もともと安い商品が取り揃えられているため見切り品はあまり期待できません!

f:id:yentame_02:20170926121750p:plain
引用元:yamazawa.co.jp

3つ目のおすすめスーパーは、「ヤマザワ」です。ヤマザワは山形県と宮城県を中心に多くの店舗を構えています。

野菜類の見切り品は毎日売り出されるわけではないのですが、肉や魚は閉店の1時間前位から安くなります!私がよく行くヤマザワは22時閉店なので、21時くらいに足を運ぶことが多いです♪

ただし、毎週水曜日に開催される水均祭では、もともと格安の均一価格で販売されるため、見切り品がやや少ない傾向にあります。日によってはカラッポなんて日も…。

どのスーパーにも共通することですが、大雨や台風などの悪天候の日は、お客さんの数が少なく商品が余ってしまうため、見切り品が大量にゲットできる可能性が上がります!また、土日祝よりも平日の方が狙い目ですよ!

2.冷蔵室はガラガラ、冷凍庫パンパンをキープする!

我が家の冷蔵庫はいつも冷蔵室はガラガラ、冷凍室がパンパンです。冷蔵室には飲み物と調味料類、卵、夕飯時に残ったおかずしか入っていません。

一方、冷凍室には常に食材が満タンに入っています!これはどちらもあえて行っていることで、これこそが我が家流の究極の節約術なんです☆

食材は、冷凍してしまえばものによっては1ヶ月以上の長期保存が可能なんです。冷凍しておけば、無理に使う必要もなくムダにしてしまうことも避けられます。

yentame.c-bancho.com

冷凍できる食材は、肉や魚のメイン食材はもちろん、野菜も冷凍できるものが多いです。肉や魚は小分けして、ラップに包んで冷凍するのがおすすめ。野菜は、ネギなどは刻んでジップロックに入れておくとすぐに使えて便利です。

また、予め火を通す調理をしてから冷凍をすることで、調理時間を時短できるメリットもあります。

f:id:yentame_02:20170926121846p:plain

我が家の冷凍庫では、下処理された食材をたくさんストックしているので、冷凍庫内の食材だけで献立をたてることができ、自然と買い物の回数が減りました☆週に1回しか買い物しない時もあるほどです!でも、全く不便していませんよ♪

3.食費の予算は1週間ごとに振り分ける!

今月の食費はこれだけ!と予算を立てても、月の半分を過ぎたころには財布がカラッポに…。このような経験がある人は意外と多いのではないでしょうか?実は私も結婚当初はその中の1人でした!

しかし、1ヶ月ごとに立てていた予算を1週間ごとの予算に振り分けるようにしてからは、使い過ぎがなくなり、予算をオーバーしてしまったことは一度もありません♪

f:id:yentame_02:20170926122034p:plain

我が家の場合、月1万5千円の予算なので、初めの1週間を3千円、残りの4週間はそれぞれ4千円で予算を組みました。

財布には1週間分の食費のみを入れ、残りの食費予算は封筒へキープ。こうすることによって、自然と使いすぎを防ぐことができます。

もし残金が出た場合は次週に繰り越してもいいですし、万が一足りなくなった時のために残しておいてもOK!

運よく見切り品にたくさん出会えた時に買い占めるための資金として、次週に繰り越しはせず、別にとっておくのもおすすめです。

また、食費の振り分けと同じくらい大切なのが「食費専用の財布を作ること」です。

日用品の購入費や、その他の費用を同じ財布で管理してしまうと、一体食費にいくら使って残金はいくらなのかを把握しきれずに、結果的に予算内で賄うことが難しくなってしまいます。

食費専用のお財布を作っておけば、家計簿をつけるときのレシート管理もしやすいのでおすすめですよ♪

最後に

f:id:yentame_02:20170926122606p:plain

我が家が行っている、4人家族の食費を月1万5千円に抑える方法をご紹介いたしましたが、いかがでしたか?

たったこれだけ?と思った方もいるかもしれません。そんな方は、まずは実践してみてください!

確実に、それも無理なく自然に食費を減らすことができるようになります♪ぜひ参考にしてみてくださいね。

 

ライタープロフィール

20170926130233 なつままさん

一般事務員として就職後、結婚を機に専業主婦となりました。
現在は二人の子供の育児をしながら、フリーライターとして働いています。
美容、車、税金、スポーツ関係など、幅広いジャンルで記事の執筆を行っています。
子どものころから一番の趣味は貯金です。節約をすること、お金を貯めることは最も得意としています。
無理なく楽しみながら貯金をする!をモットーに、日々奮闘しています。

 

yentame.c-bancho.com

yentame.c-bancho.com

yentame.c-bancho.com

yentame.c-bancho.com