円貯Station

円貯(えんため)Stationは、お金を『節約する・貯める・稼ぐ』情報をエンターテインメントにお届けします。 日々の暮らしをチョット見直して、楽しくお金を増やしましょう♪

【保護者必見!】お金を無駄にしない学習塾の選び方とは【小中高生別】

f:id:yentame_02:20170913102644p:plain

子供の学習塾は授業料も高く、できるだけお金を無駄にしないように選びたいものです。

子供が1人っ子ならまだしも2人3人といる場合には、授業料の支払いに毎月頭が痛いという家庭もたくさんあるのではないのでしょうか。

高い授業料を支払うからには、お値段以上の価値があるところを選びたいものです。小中高生別に学習塾の選び方をチェックしてみましょう!

小学生の場合はパターンに分けて考えて!

f:id:yentame_02:20170913104740j:plainwww.todaishimbun.org

小学生の場合は、学校の勉強にしっかり付いていけるようにしたいという場合と、中学受験に向けて塾に行かせたいという場合とでは塾の選び方が変わってきます。

学校の勉強についていけるようにという場合は、勉強があまり好きでなかったり、学校+αで勉強するなんて!と子供が塾の存在に驚愕するようなケースが多いものです。

まずは、勉強することや塾に行くこと自体への抵抗感を無くす工夫のある塾を選んでみましょう。来塾ごとにポイントが貯まり子供が好きな3DSなどのゲームと交換ができるという塾もあります。

学校の宿題に対応してくれるところや、講師の解説がギャグ混じりで面白いことなども、小学生を惹きつけるポイントになります。上に兄弟がいるママ友などに意見を聞くと参考になります。

中学受験用の塾は、一番はやはり合格率です。単純に何名受かりましたというものを参考にするのではなく、中学受験をする母体数のうち何名という計算方法で考えることがポイントです。

実績のある塾は学校とのパイプも太く、過去問や最近流行りのプレテストの問題を入手している塾もあります。

インターネットの口コミサイトなどをチェックするとある程度そういった情報が得られるので、リサーチして塾を選びましょう。

中学生は地元中学密着型で公立高校進学の内申点を意識!

f:id:yentame_02:20170913104753j:plain
www.kobetsu.co.jp

中学生の場合は、私立高校を狙う場合は実績のある大手塾、公立高校を狙う場合は地域に根差した進学塾を選ぶことをおすすめします。

特に公立高校を受験する場合は、中学時代の内申点が非常に重要です。単に成績を〇点アップ!というものを目指すのではなく、地元の中学の内申点対策をしっかり押さえている塾を選ぶと、授業料以上のお得感があります。

地元中学の定期テストの過去問を使って対策をしてくれる場合もあり、そういった塾は夏休みの宿題なども積極的に面倒をみてくれるところが多いものです。部活が手一杯で宿題まで手が回らない!という子供でも安心です。

塾嫌いの子供の場合は、学校や集団塾の「授業」という雰囲気が嫌いという子供も少なくありません。中学生は特に思春期でデリケートな時期です。返却されるテストの点数や周りの友達の一挙一動に傷付くこともあります。

そんな時は、個別塾がおすすめです。いくつか回ってみて、気が合いそうな講師を探してみましょう。「講師の顔が子供の好み」など不純な動機でもOK!子供が通いやすい雰囲気を重視して選びましょう。

中学生になると、塾をさぼってしまう子供も出てきます。そんな場合は、塾に着いた時と塾が終わった時にメール配信してくれるサービスのある塾であれば、子供の入退室がよく分かって便利です。

高校生の場合は子供が決める!

f:id:yentame_02:20170913104802j:plain
jukukeiei-surala.jp

高校生で塾に通う場合は、ほとんどのケースで大学受験を意識したものになります。大学受験といえば、比較的全国規模での対策が必要になるため、情報量の多い大手塾が有利になるとされています。

大手塾の中でも自分の子供に合った塾を探すには、子供と一緒に塾見学や無料授業体験などを積極的に活用することをおすすめします。

高校生はしっかりとした自分の意思で物事を決めることができるため、たとえ良い塾であっても、どの塾に通うかを親が決めてしまうことに嫌悪感を覚える場合があります。そうなると、結果的に塾をさぼったり塾に行っても真剣に授業を受けないということにもつながりかねません。

高校生の塾選びは、どこの塾に通うかよりも、どの塾に通うか本人が決めることをポイントにすることが大切です。

自分で決めた選択であれば、塾に通うことに対して前向きに捉えてくれる傾向があるため、さぼってばかりでお金の無駄!なんていう事態を防ぐことができます。

お金を無駄にしない塾選び

f:id:yentame_02:20170824134744p:plain

たとえば子供が双子や年子、2才差の場合は、塾に同時に2人以上の子供を通わせなければいけない状態になることもあります。

そういった場合は、同時に塾に兄弟が通っていると授業料が2人目半額!という、まるでどこかのスーツの売り文句のようなサービスを行っている塾もあります。

母子家庭の場合授業料半額!や短期講座体験入学後は入学金無料!なども多いものです。塾の授業料は基本的に高額なケースが多いため、そういった授業料のサービスはチェックしておきましょう。

友達を紹介すれば友達の入会金が無料になり、さらに紹介した人にも図書券5000円プレゼント!など「紹介キャンペーン」を行っている塾も多く見られます。

塾からキャッシュバックが受けられることは滅多にないので、利用したいところです。子供も仲の良い友達が同じ塾に通うことで、塾に通いやすくなるなどのメリットもあります。

他にも、卒業時に卒業遠足としてテーマパークへ遊びに行けるなど合格のご褒美を用意している塾もあります。

お得な学習塾をご紹介!

STEP(ステップ)
f:id:yentame_02:20170913141229j:plain
www.stepnet.co.jp

神奈川県を中心に展開するSTEP(ステップ)には、難関校志望者向けの「Hi-STEP」、高校受験・大学受験向けの「STEP」、個別指導の「K-STEP」があります。

兄弟や姉妹がステップに在籍中の場合、もしくは家族がステップの卒業生の場合、入会金が無料になる特典があります。

また、兄弟姉妹で春・夏・冬の特別講習を受講する際、2人の場合は講習費が低額の方が半額になり、3人の場合は講習費が二番目に多い方が半額になり、一番低額の方は無料になる特典も!

さらに、3人同時在籍の場合は、一番低学年の子の通常受講料が無料になります。

ベスト学院 学習塾・進学塾
f:id:yentame_02:20170913141300p:plain
www.bestgakuin.co.jp

福島県、山形県を中心に130以上の教室を展開し、小中高の5教科を総合指導してくれる「ベスト学院」。

「兄弟月謝割引制度」では兄弟2人で入塾する場合、月謝の低い方の授業料が半額になり、3人目以降は授業料が免除となります。つまり、兄弟何人通っても1.5人分の月謝でOK!

他にも、転塾してベスト学院に通いたい!という場合は年間教材費が無料になる「転塾支援制度」、特待生チャレンジテストで偏差値65以上を取得すれば、月謝が22,000円から11,000円に割引される「ベスト学院特待生制度」も!

類塾
f:id:yentame_02:20170913142216p:plain
juku.rui.ne.jp

大阪や奈良を中心に展開する「類塾」は5歳~大学生までの幅広い学年に対応したコースをご用意。

類塾では、世帯年収300万円未満のご家庭の場合5教科の受講料が無料、世帯年収が300万円以上の場合は5教科の受講料が1~6日目から半額になる「受講料減額制度」を取り入れています。

他にも、中学3年生は入会金無料、公開実力テストや作文添削通信講座のみを受講する場合は入会金無料です。

迷った時は「塾ナビ」で検索!

f:id:yentame_02:20170913143530p:plain
www.jyukunavi.jp

「塾ナビ」では、全国の塾に無料で資料請求ができるほか、塾ナビから入塾すると全員に2,000円分のギフトカードをプレゼント!

小・中・高まで完全対応で、口コミ数も15万件超え!人気ランキング、口コミランキング、中学受験対応塾ランキング、通信教育ランキングなど、ランキングの種類も豊富で探しやすいのも嬉しい!

30秒でできる「ぴったり塾診断」では512パターンからお子様にぴったりの塾を判定してくれます。

 

以上、お金を無駄にしない学習塾の選び方をご紹介しました。

授業料や授業スタイル、レベルなどのチェックはもちろん、勉強以外で受けられるサービスもチェックして、少しでもお金が無駄にならない塾選びをしましょう!

 

www.c-bancho.comwww.c-bancho.comyentame.c-bancho.com