円貯Station

円貯(えんため)Stationは、お金を『節約する・貯める・稼ぐ』情報をエンターテインメントにお届けします。 日々の暮らしをチョット見直して、楽しくお金を増やしましょう♪

【食費節約】お金をかけずに食材を美味しく長持ちさせる保存方法!

f:id:yentame_02:20170904121555p:plain

食費を節約する方法はいくつかありますが、中でも定番人気が「まとめ買い」です。週末に1週間分の食材をまとめて買って、何日間かに分けて使う方法です。
まとめ買いは節約になりますが、上手に保存できないと食材を腐らせてしまうことにつながります。そこで今回は、「お金をかけずに食材を新鮮で美味しく保つ方法」をご紹介します!

【冷蔵】葉物野菜は包んで立てるだけで保存期間が2~3日→1週間に!

f:id:yentame_02:20170901172724p:plain

すぐにしんなりしてしまう葉もの野菜。ほうれん草のような柔らかい葉もの野菜は野菜室で保存しても、2~3日でしんなりしていることがあります。

野菜を保存する時は、野菜が畑にいた頃と同じようなスタイルで保存するのが基本です。ほうれん草は畑では立って生えているため、冷蔵庫でも立てて保存が基本です。大根や人参も同様です。

立って生えている野菜を寝かせてしまうなどスタイルを変えて保存すると、野菜にストレスがかかりエチレンガス(=野菜や果物を成熟させる植物ホルモン)を出して傷みやすくなります。

ほうれん草を買ってきたら袋から取り出し、キッチンペーパーか新聞紙で優しく包みビニール袋に入れて野菜室で立てて保存します。

冷気が野菜に直接当たるのをキッチンペーパーが防ぎ、水分を蒸発するのを防ぎながら適度に水分を保ってくれます。このひと手間で1週間程度鮮度が保てます!

エチレンガスを多く出すものには、リンゴやトマト、キーウィ、バナナ、メロン、アオウメ、モモなどがあり、これらをホウレンソウやコマツナといった葉菜類の野菜の側に置くと傷みを早めることになりますが、中にはブドウやイチヂク、サクランボ、トマト、ニンニク、タマネギなどのようにエチレンガスの影響を受けにくいものもあります。

(引用元:healthfarmsofireland.com

【冷凍】キノコは冷凍して便利に使う!2~3日→2週間に!

f:id:yentame_02:20170901182557p:plain

キノコはそのまま野菜室で保存すれば2~3日しか日持ちしません。1回で使いきれないキノコはジップ付きの袋に入れて冷凍保存すると2週間程度日持ちします。

キノコは水分に弱いため、水洗いは厳禁です。ジップロックに入れる前にペーパータオルでササッと汚れをふき取り、石づきをカットしておくことがポイントです

おすすめは、冷凍保存する際にオリジナルキノコミックスを作ってしまうことです。半端に残ったキノコは、種類を気にせず適当な大きさにカットして、ジップ付きの袋でひとまとめにして冷凍します。

ある程度溜まったらスープの具や炒め物の具、炊き込みご飯の具として使用できます。半端キノコを集めて再利用できる上に、冷凍保存して消費期限も延ばせるので一石二鳥です!

電子レンジで解凍すると水分が出てしまうため、冷蔵庫での自然解凍が基本ですが、スープの具などの場合は、冷凍のままお鍋に放り込んでもOKです!

【冷蔵】残ったお刺身、次の日にもお刺身で食べたい!

f:id:yentame_02:20170904115233p:plain

お刺身が残ってしまった時、ゆでて次の日にシーフードサラダにしたりフライにしたりとアレンジして使っていませんか?

せっかく買ったお刺身用の魚は次の日もお刺身で食べたいものですよね。そんな時におすすめなのが昆布締めです。

昆布で締めるとお刺身から出る水分を昆布が吸い取り、昆布のうまみがお刺身に浸透するという一石二鳥な保存法です。

軽く塩を振った昆布を2枚用意します。お刺身を1枚目の昆布の上に並べてもう1枚の昆布で挟みます。ラップで包んで冷蔵庫で一晩おくと、そのままのお刺身で食べた時とは、一味違う旨みたっぷりのお刺身が次の日も楽しめます!

temaeitamae.jp

【冷凍】保存期間を長くして料理を時短にする肉や魚の冷凍!

f:id:yentame_02:20170904114846p:plain

牛肉や豚肉は買ってきたそのままを冷凍すれば3週間程度は食べられます。鶏肉は傷みが早いため、1週間程度しか日持ちしません。

冷凍する際は、なるべく水分を切って空気を遮断するのが基本です。基本はキッチンペーパーでしっかりと水分を拭き取り、1枚ずつラップで包んでジップ付き袋に入れて冷凍します。鶏のささみの場合は筋を取り除いてから使います。

より長持ちさせたい場合は、ひと手間加えて雑菌が繁殖しないようにするのがポイントです。肉が直接空気に触れないように漬け汁に漬けこみ、その漬け汁ごと冷凍します。

ジップ袋に塩+酒の漬け汁を作り、肉を入れてよく合わせて冷凍すると、普通に冷凍した場合よりもさらに1週間程度日持ちさせられます。

冷凍しながら味付けもでき、その後の料理の時短にもなります。漬け汁の和洋中のアレンジを考えて作ると楽しいでしょう!

【おすすめ漬け汁アレンジ】
f:id:yentame_02:20170901182422p:plain
  • トマト缶+にんにく(すりおろしチューブでOK)+砂糖+コンソメ顆粒+パセリでイタリアンに
  • にんにく(すりおろしチューブでOK)+しょうが(すりおろしチューブでOK)+酒+しょうゆ+砂糖で中華風に
  • 味噌+酒+砂糖で和風に

漬け汁を作るのが面倒な場合は、ドレッシングに漬け込むか麺つゆに漬け込むという方法もあります。

肉に限らず魚の切り身にも応用できるため、一気に作って冷凍しておくと忙しい時や急な来客のときに便利です。

魚の場合は、切り身にして漬け込むのがおすすめです。丸々1匹の場合は、頭を落とし内臓を取り出して食べやすい大きさにカットしておきましょう。

調理する時は、冷蔵庫で半解凍してから使います。夕方使う場合は、朝から冷蔵庫に移しておくと便利です。

 

以上、食材を美味しく長持ちさせる方法をご紹介しました!

買いだめして少しずつ使い回す方法は節約の基本。せっかく特売で買った食材でも使いきれずに捨ててしまってはお金の無駄になってしまいます。

食材を余らせないようにするためには、上手に日持ちさせる方法を身に付けましょう!冷凍したものは半解凍で調理すると時短にもなり、味が落ちることもないので覚えておいてくださいね!

 

yentame.c-bancho.comyentame.c-bancho.com