円貯Station

円貯(えんため)Stationは、お金を『節約する・貯める・稼ぐ』情報をエンターテインメントにお届けします。 日々の暮らしをチョット見直して、楽しくお金を増やしましょう♪

【懸賞】お届け物が欲しい!懸賞に当たるコツや当たりやすい懸賞とは?【抽選】

f:id:yentame_02:20170828153016p:plain

主婦の趣味として不動の位置に君臨する懸賞。いくら送っても当たらないという人もいれば、毎日のようにお届け物が届くという人もいます。両者の違いは一体どこにあるのでしょうか?今がチャンスの狙い目の懸賞とは一体…!?今回は、懸賞に当選するコツや当たりやすい懸賞をご紹介します!

懸賞の種類はあるの?

f:id:yentame_02:20170828143840p:plain
lucky.jp

一口に懸賞といっても、様々な種類があります。スーパーなどで吊り下げハガキでおなじみの、レシートやバーコードを応募はがきに添付するものは、商品を買った人だけが応募できるので「クローズド懸賞」と呼ばれます。

雑誌やテレビ番組、ネットなどでクイズやアンケートの回答を記入して応募するものは、誰でも参加できるので「オープン懸賞」と呼ばれています。

ツイッターやFacebook、インスタグラムなどのSNSで、商品や企業をフォローすると応募できる「SNS懸賞」というものも最近増えています。

クローズド懸賞を当てるコツ!

f:id:yentame_02:20170828144006p:plain
www.meiji.co.jp

クローズド懸賞は、商品を買ってバーコードを集めるため、応募するまで時間がかかります。そのため、締切りに近づくにつれ応募数が増えていきます。

締切りが複数回に分かれている場合は、第一回目の締切りを狙うと応募数もまだ少ないので、競争率が下がり当たりやすくなります。

手間や時間がかかるものほど応募者が少ないため、バーコードの枚数によって商品が異なる場合は、第1回目の締切りの中でも、バーコードが最も沢山必要になるものを狙うことが当選確率を上げるポイントです!

日常的によく買うもので、日持ちのするものであれば、商品をまとめて買ってバーコードを先に切り取って応募してもOK!バーコードをオークションサイトやフリマサイトで購入し、応募するという強者もいます。

日ごろからよく懸賞を行う商品の場合、バーコードを切り取ってストックしておくと便利です。バーコードの裏面には、商品名を記入しておくことがポイントです!

オープン懸賞を当てるコツ!

f:id:yentame_02:20170828144445p:plain
www.nn.zennoh.or.jp

オープン懸賞は、誰でも応募できるので競争率が高くなります。オープン懸賞の場合は、全国区ではなく、応募数の比較的少ない、地域規模で行われる懸賞に応募する方法がおすすめです。地域のフリーペーパーや地元のスーパーやホームセンターなどが行っている懸賞は積極的に応募しましょう!

オープン懸賞の場合は、ハズれてしまう可能性も高く、ハズれた場合は応募ハガキ代が丸々無駄な出費になってしまいます。そのため、オープン懸賞はハガキ代がかからないネットからの応募がおすすめです。

締切りについても注意が必要です。ハガキで応募する時は、「消印有効」とあっても天候などで郵便が遅れてしまう可能性も考えられます。せっかく出しても到着しなければ意味がありません。ハガキで応募する場合は、締切り日の1週間前くらいに出すのがベストです。

ネットから応募する場合は、当日の締切り時間ギリギリでも応募することができます。インターネットの懸賞情報を集めているサイトには、「本日締切り」や「明日締切り」という懸賞も掲載されているので、そういったものにもどんどん応募していきましょう!

狙い目の懸賞はこれ!

f:id:yentame_02:20170828145539j:plain
引用元:anniversary-cruise.com

狙い目の懸賞は、ずばり「SNS懸賞」です。懸賞が行われる主なSNSは「Twitter(ツイッター)」「instagram(インスタグラム)」「Facebook(フェイスブック)」です。応募者が他の懸賞に比べて圧倒的に少ない、応募にハガキ代がかからない、SNSアカウントを持っていれば誰でも応募出来るという3重のメリットがあります。

応募方法は「企業アカウントをフォローする」「リツイートする」「ハッシュタグをつけて投稿する」など、企業や懸賞によってさまざまです。

皆さんは、企業がなぜ懸賞を行うのかを考えたことはありますか?懸賞には、新商品や知名度のアップなど、広告宣伝としての役割があります。

そのため、企業は需要のある媒体をメインに懸賞活動を行います。過去には雑誌でも掲載されていることが多かった懸賞ですが、雑誌需要が低迷するにしたがって、雑誌に掲載されている懸賞も減りつつあります。

最近では、携帯電話やスマートフォンから情報を得る人が増えてきました。そのため企業はそういった媒体で宣伝広告を打ち出そうとします。SNS懸賞はこれからますます増えていくことが予想されます。

SNS懸賞はまだ応募している人数が少ないため、まさに今が狙い目です!各種SNSのアカウントを持っていない人は、これを機に作ってみてはいかがでしょうか。新しい世界が待っていますよ!

syncer.jpwww.instagram.com

懸賞に応募する時の注意点は?

f:id:yentame_02:20170828150243p:plain

何気なく応募している懸賞ですが、中には個人情報が欲しいために行われている怪しいものもあることは確かです。

応募する際には、自分の名前や住所などの個人が特定できる情報を記入しなければなりません。応募する以上100%安心はできませんが、なるべく個人情報は漏らしたくないものです。

懸賞に応募する際は、応募先の主催者がハッキリとしているかどうかが重要です。大手メーカーや大手企業、大手団体法人などであれば比較的安心ですが、何をしているか分からないような会社のものは応募を避けることをおすすめします。

何をしているか分からないよう会社のもので、応募が簡単かつ豪華賞品が用意されているなどの場合は怪しいと思って間違いないでしょう。

また、ネットから応募する場合は、使っているパソコンやタブレット、携帯やスマートフォンにセキュリティソフトをきちんと入れておきましょう。インターネットカフェなどの不特定多数が触る機会のあるパソコンは個人情報が漏れやすいので危険です。

応募する時は個人のパソコンから接続することをおすすめします。応募に使うメールアドレスも、万が一迷惑メールが沢山来たときに解除できるよう、フリーメールのアドレスを使うようにしましょう。

 

以上、懸賞に当たるコツや当たりやすい懸賞をご紹介しました!
なかなか当たらないと嘆く人も多い懸賞ですが、まずは応募しないことには当たるものも当たりません!応募してすぐお届け物が届くわけではないので、途中で飽きてしまい、応募が続かないという人もいます。当選するためには、まずは応募すること、それを続けるマメさが必要なのかもしれません♪


www.kiraku-life.com