円貯Station

円貯(えんため)Stationは、お金を『節約する・貯める・稼ぐ』情報をエンターテインメントにお届けします。 日々の暮らしをチョット見直して、楽しくお金を増やしましょう♪

【100円ショップ】100均でこれだけ揃う!おすすめ防災グッズ特集!【地震災害対策】

f:id:yentame_02:20170817101112j:plain

災害に備える「非常用持ち出し袋」、用意していますか?必要なものが一通りそろった商品が数多く発売されていますが、1人分が数万円と高額ですよね。でも値段を理由にいつまでも買わないでいると不安は増すばかり!

そんな時は、100円ショップの防災グッズを上手に取り入れましょう!全てのグッズが高額なものじゃなくても良いはずです。品質が心配なものは、少しずつ質の良いものに買い替えていきましょう。

市販の「非常用持ち出し袋」には何が入ってるの!?

f:id:yentame_02:20170817101054j:plain

ネットショップをちょっと探すだけで、必要なグッズを予め詰めた「非常用持ち出し袋」を沢山目にすることができます。まずは、実際に販売されている持ち出し袋を参考に中身を書き出してみました。

<非常用持ち出し品(1人分)>

○500ML飲料水×3本
○アルファ米×3食分
○乾パン
○野菜ジュース1缶
○給水バッグ(容量3L)
○乾電池
○レインコート
○マスク
○救急セット
○軍手
○からだ拭きシート
○笛
○アルミブランケット(アルミ寝袋、エアーマット)
△簡易トイレ3回分
△目隠しポンチョ
△手回しラジオ&ライト(充電機能付き)
△LEDランタン

○印は100円ショップでも買える、又は代用品が手に入るアイテム。
△印は、機能の一部なら100円ショップで手に入れることができるアイテムです。

通常であれば、上記アイテム全てが高機能のリュックに入って1万円以上してしまいます。家族の人数分揃えたり、自宅と会社に分けて揃えたりすると、それなりの金額になってしまいますね。

でも実は、100円ショップに行けば防災グッズのほとんどが手に入るので、上手に利用すると良いですよ♪ここからは○印と△印を付けたアイテムについて、それぞれご紹介していきます。

100円で手に入る防災グッズ

○飲料水500ml・野菜ジュース

市販の持ち出し袋に入っている飲料水や缶ジュースは、非常用の商品なので長い賞味期限があります。通常のペットボトルのミネラルウォーターは、それよりはグッと短くなりますので、上手に使いながら買い替えていきましょう。下にご紹介する食品類も一緒です。
※水や野菜ジュースは100円ショップ以外でも安く買えるので○印としました。

○レトルト粥・缶詰

水やお湯を入れて食べられるアルファ米の代わりには、レトルトのお粥はいかがでしょう?温めなくても食べられ、おかずに缶詰をつければ食べやすいです。封を切ってそのままスプーンで食べればお皿要らず!プラスチックのカレースプーンや割り箸も忘れずに。

○乾パン

乾パンは100円ショップに袋タイプのものが売っていることも。無い場合はビスケットなどで代用を。チョコや羊羹、飴もおススメです。

○救急セット

消毒液、絆創膏、包帯、ガーゼ、ピンセット、ハサミ、爪切り…。このような救急セットは100円ショップが大得意!様々な商品が揃っています。

○ウエットティッシュ

体も拭きたいため刺激の少ないアルコールフリーが◎。「おしり拭き」や大判の「からだ拭き」もおススメです。

○笛

緊急時に助けを呼ぶための笛です。ダイソーには自分の身元を書いておけるタイプも販売されています。少ない力で吹けるものが安心です。

その他

○給水バッグ
○乾電池
○アルミブランケット
○レインコート
○軍手
○マスク

一部の機能なら手に入る100円防災グッズ

△携帯簡易トイレ

100円ショップには、外出時の緊急用やアウトドアなどに利用できる「携帯トイレ」が何種類か揃っています。1商品に1回分入りです。
ここで大きな注意点ですが、100円の携帯トイレの殆どが「尿専用」であること!これが△印の理由です。大便対応の携帯トイレは、ホームセンター等で購入しましょう。

△目隠しポンチョ

残念ながら100円ショップには今のところレインポンチョしかありません。トイレ用として満足できる大きさではありませんが、ひとつ持っていれば安心ですし、もちろん雨具としても必要です。丈が足りない時は、黒いゴミ袋を広げて繋げるなどすれば、緊急用としては一先ず合格と言ったところでしょうか。一番大きなサイズで、色付きのものを選びましょう。

△手回しラジオ&ライト(充電機能付き)

充電機能付きのラジオとライトは100円では難しいです。LEDライトと乾電池を100円ショップで手に入れて、ラジオと充電器は他で用意するのが良さそう。スマホ関連やラジオなど、ライフラインに繋がるものは、ある程度の品物を用意した方が安心です。

△LEDランタン

100円ショップのランタンは、LEDではなく豆電球タイプの場合もあり、サイズも小さめです。

これもあると便利!100円防災グッズ

☆黒いゴミ袋

使用後の携帯トイレや使用済みのトイレットペーパーを入れておく袋が必要です。100円ショップでは45Lの黒ビニール袋が売っていますので、ひとつ用意しておきましょう!黒ビニール袋は他にも敷物や目隠し等、色々な用途で使えます。

☆ガムテープ

黒いビニール袋を広げて繋げる際に使用します。巻きが少ない分軽いので、非常用にぴったりです。

☆タオル

100円ショップの薄めのタオルはかさばらないので非常用向きかも!?1度洗ってからバッグに入れておくと良いですね☆

☆歯みがきシート/歯ブラシ

水が無くても歯を清潔に保てる「歯みがきシート」と歯ブラシは、両方必需品です!

☆除菌ウェットシートor除菌スプレー

満足に手を洗うことができない非常時には、とても有難いアイテムです。どちらか一つは必ず持っておきたいですね!

☆トイレットペーパー

水に流れるタイプのものが便利です。

☆下着/靴下

1着でも着替えがあると安心できますよね。100円ショップには5枚1セットの使い捨てショーツも売っていますので、気になる方は要チェック!

まとめ

f:id:yentame_02:20170814153136j:plain

最初にご紹介した市販の非常用持ち出し袋の中身19点の内、100円ショップで手に入るものは13点、機能を足せば使えるものが4点ありました!

紹介したグッズを全て揃えても、1人分でおよそ3,000円前後で買うことができます。持ち出し用のリュックは家にあるものを使えば、よりお得に揃えられますね!

残念ながら100円ショップで揃わないものについては、家にあるもので代用したり、コツコツ買い集めたりして揃えましょう☆

yentame.c-bancho.comyentame.c-bancho.comyentame.c-bancho.com