円貯Station

円貯(えんため)Stationは、お金を『節約する・貯める・稼ぐ』情報をエンターテインメントにお届けします。 日々の暮らしをチョット見直して、楽しくお金を増やしましょう♪

【視聴者提供】事件・事故・災害現場の写真や動画で高額謝礼は貰えるのか?【狙い目やポイント】

f:id:yentame_02:20170807110353p:plain

ニュースや情報番組、週刊誌で良く見かけるのが視聴者から提供されたとして紹介される写真や動画。災害や事件、芸能人のスクープ、UFOの映像まで、視聴者提供写真として様々な内容のものがあります。

写真や動画を提供した人はいくら貰っているのだろうかと考えたことはありますか?情報提供してみたい!という人のために、今回は提供の仕方や気になる謝礼についてご紹介します!

TV局や週刊誌はどんな写真を欲しがっているの?

f:id:yentame_02:20170807123921p:plain

採用されるためには、TV局や週刊誌が欲しがっているものを送ることが近道です。とはいえ、芸能人のゴシップ写真などを撮りたいと思っても、なかなか実現させるのは難しいものです。一般の人が撮りやすく、かつ採用されやすいものとは何でしょうか?

視聴者提供写真は、プロのカメラマンが現場に間に合わなかった際や、TV局や雑誌社が逃してしまったシーンがある際に使用されます。そのため、突発的な内容や珍しい内容のものであれば採用されやすい傾向があります。

例えば、たまたま居合わせてしまった事件現場や事故、災害現場のリアルな画像などが突発的な内容に当たります。偶然居合わせたからこそ撮れる内容ですが、実際はその現場にいるとパニックになり、撮影どころではないという状況であることが多いでしょう。

f:id:yentame_02:20170807130448p:plain

珍しい内容のものであれば、家庭菜園で育てていた野菜が偶然おかしな形に育った、ペットが奇妙な行動をとった、絵画のような夕焼けが見れたなど、発想力が問われるものです。芸能人のスクープや、突発的なものよりも比較的撮りやすい内容だと言えます。何か情報提供してみたい!と思う人は、まずはこちらを狙うことをおすすめします。

TV局に送りたい場合は、基本的には画像は横向きで撮影するというのがポイントです。テレビの形に合わせて撮影することで、同じような写真が他の視聴者から提供された場合に、横向き画像の方が採用されやすくなります。特にスマートホンや携帯電話から撮影するときは、画像の向きに気を付けることをおすすめします。

視聴者写真、動画の提供の仕方は?

news.tv-asahi.co.jp

TV局であればホームページを開くと、視聴者から写真や動画を投稿できるページがあります。そこから画像や連絡先を送ると審査が行われ、審査に通ると番組内で紹介されるという流れです。採用された場合、個別に連絡が来る場合がほとんどですが、中には連絡のないTV局もあるようです。

雑誌社も同じく、ホームページの投稿コーナーから画像を送ると編集部でチェックされたのちに採用という流れになります。雑誌社の場合は、直接編集部に郵送してもOKです。

気になる!視聴者提供写真や画像の謝礼はいくらもらえるの?

f:id:yentame_02:20170731182929p:plain

視聴者提供写真や動画の中で、やはり気になるのはもらえる謝礼の金額ではないでしょうか?謝礼はその写真や動画の内容にもよりますが、TV局の場合、ほぼ無償であるのが一般的です。芸能人や政治家などのビッグスクープであれば、場合によっては高額な謝礼にもなりかねませんが、事故現場や災害現場など一般的なスクープ写真の場合は、謝礼はほぼないものだと考えておきましょう。

無償なのに提供することに驚く人もいるかもしれませんが、TV番組で自分の撮った写真や動画が採用されるという、いわばステータスのようなものが手に入るということです。

f:id:yentame_02:20170807131045p:plain

どうしても何か欲しい!という場合には、写真や動画を提供する際にその旨を伝えておねだりしてみましょう。担当者によっては、番組のオリジナルグッズなどを用意してくれる場合もあります。

雑誌社の場合は、よほどのビッグスクープでない限り、掲載前に連絡が来ることはほぼありません。雑誌社の場合は、掲載された後に採用のお知らせと、実際に写真が採用された掲載誌が送られてくるというパターンが一般的です。

その際に、謝礼としてクオカードや図書カードが同封されるケースもよくあります。金額は500~1000円程度ですが、TV局よりは待遇が良い場合が多いと言えるでしょう。掲載誌が手元に残るので、何度も見て楽しめるというメリットもあります。

視聴者提供写真や動画を送る場合の狙い目は?

f:id:yentame_02:20170807132150p:plain

自分の撮った写真や動画がTV番組で流れたり、雑誌に掲載されるのを見てみたいと思う人は、「狙い目」があるのでポイントを絞ってみてはいかがでしょうか。

狙い目はズバリ、地方局や地方紙です全国規模のTV局や雑誌社は投稿される件数も桁違い。ライバルが多いところに飛び込む前に、まずはローカルTV局やローカル紙に投稿して、採用されやすいポイントを知ると良いでしょう。

初めから大きなところを狙いすぎると、不採用になる可能性も高く、その度にテンションも下がってしまいがちです。まずは地方局や地方紙で「採用される」という実績を積んでみてはいかがでしょうか。

f:id:yentame_02:20170801114850p:plain

採用される傾向を知ってから、これは!と思うものが撮れたらローカル局を卒業してみましょう。
地域のお店やイベント情報などを掲載しているフリーペーパーなどは、採用される確率が高いのでおすすめです。ただし、規模が小さくなるほど謝礼も期待できない可能性が上がります。謝礼はあまり期待せずに、採用された♪というステータスを楽しむことが長く続けられるポイントです。

 

以上、視聴者提供の写真や映像についてご紹介しました!
高額な謝礼を受け取ることは難しくても、自分の撮った写真や映像がテレビや雑誌で取り上げられるチャンスは大いにあります。
皆さんも、日々色々な物事や出来事に目を凝らしてチャンスを見逃さないようにしてみてくださいね!