円貯Station

円貯(えんため)Stationは、お金を『節約する・貯める・稼ぐ』情報をエンターテインメントにお届けします。 日々の暮らしをチョット見直して、楽しくお金を増やしましょう♪

【高額収入も夢じゃない!?】健康診断だけでも報酬あり!お得な治験モニターにチャレンジ!【ボランティア】

f:id:yentame_02:20170720104536p:plain

治験モニターという言葉を聞いたことがある人もいるのではないでしょうか。ひとつの医薬品が誕生するまでに、実際に安全性や効果・効能を試したり、医薬品のデータが欲しいという時にその対象となって検査や実験を受けるというものです。今回は、そんな少し日常と離れた治験モニターを行ってお小遣いを稼ぐポイントをご紹介します!

そもそも治験って何?

f:id:yentame_02:20170720102915p:plain

普段私たちが飲んでいる医薬品や貼り薬などは、過去に誰かが治験をして安全性が認められているからこそ市販されているものです。1つの薬が発売されるまでに、企業は様々な研究や実験で安全性を確かめます。その実験の最終段階で、モニターとして協力してくれる人を募り「治験」が行われます。

薬によって治験の対象が異なるため、老若男女問わずチャンスがあるように思われがちな治験モニターですが、治験に向かない人もいます。例えば女性の場合、妊娠中の人や妊娠の可能性のある人、授乳期の人は治験モニターになることは控えましょう。

www.vob.jp

「治験」と聞くと、言葉の重みを感じて不安があるという人もいるかもしれません。実際に治験が行われるのは、許可が下りる一歩手前の段階、すなわち最終的な実験段階まで来ている薬です。そのため比較的気軽な気持ちで受けることができます。製薬会社も実際に人の体を使用するため、万が一、副作用が出た場合の対応にも細心の注意を払って治験を行うので安心です。

f:id:yentame_02:20170720103045p:plain

治験は検査に必要な期間中、指定された医療機関・病院に入院し、決められた時間に薬の服用や起床、食事を摂り、定期的な血液検査やその他心電図などの必要な検査を受けます。基本的には外出はできませんが、長期間の入院が必要になる場合は一部外出が認められるケースもあります。決められた検査以外の時間は自由なので、参加者の中には寝ている人、ゲームをしている人、読書をしている人、パソコンで仕事をしている人など様々です。

治験の内容によっては、入院を必要とせず日帰りでの治験が可能な場合や、1日の短期での治験というものもあります。短期間であるため、まとまった収入は期待できませんが、治験モニター初心者さんは短期間からスタートするのもおすすめです。

治験モニターになるまでの流れは?

f:id:yentame_02:20170720103452p:plain

まずは治験モニターを募集しているサイトで登録をします。一口に治験と言っても、健常者に行う場合と、反対に特定の疾患のある人を対象に行う場合の2パターンがあります。

サイトでのモニター登録を済ませたら、治験の内容や謝礼、必要な日数などの詳細を見て受けてみたい治験にエントリーします。基本的には、入院日数が長くかかるものや採血回数の多いものほど謝礼が高額になる傾向があります。

治験モニターの対象(仮)に選ばれた場合には、連絡がきます。ほとんどの場合が電話連絡になるため、応募の際には連絡の取りやすい電話番号を登録しておくことをおすすめします。

www.jcvn.jp
f:id:yentame_02:20170720103420p:plain

治験モニターの対象に選ばれた場合は、後日決められた日程・医療機関で健康診断を受けます。健康診断だけでも謝礼がもらえるケースがほとんどで、自分の健康チェックができてお小遣い稼ぎにもなる、治験モニターをお得に感じられる瞬間です。しかし、健康診断まではアルコールの制限やタバコ、カフェイン飲料などの制限もあるので注意が必要です。

健康診断の後は、正式な治験対象者に選ばれるかどうかの合否連絡を待ちます。合格の連絡がきた場合は、再度注意事項や副作用などの説明を受け、指定された日から治験者が揃って入院します。入院期間が終了すると、謝礼を受け取って治験モニター終了です。

治験モニターは実際に稼げるの?どんな人が向いている?

f:id:yentame_02:20170720104111p:plain

治験モニターの謝礼は1日10,000~20,000円程度が相場です。1週間の入院の場合は、10万円超えも夢ではありません。

これほど高収入であれば長期で治験に参加していたい!と誰もが思うものですが、治験は健康体で受けることが基本になります。前回の薬が体内から完全に抜けきらなくてはいけません。そのため、休薬期間といって、1度治験モニターを受けると1~4か月程度は間隔を空けなければならないという条件があるものがほとんどです。

治験モニターが高収入!と言える理由は、単価の問題だけではありません。治験モニターは、アルバイトではなくボランティアの一種として扱われます。そのため、高額な謝礼を受け取ったとしても、給料のように税金が引かれることがありません!

www.new-ing.jp

治験モニターでの最大のリスクはスケジュールの管理です。入院期間中はまとまった時間を医療機関で過ごすことになるので、時間の自由が利かない仕事をしている社会人の場合は、なかなか長期治験のチャンスがない可能性もあります。社会人の場合は、1日だけの短期治験を探すと良いでしょう。

反対に、スケジュールの都合が合わせやすい学生の場合は、長期治験を受けることも可能でしょう。実際に、夏休み期間に入院して治験モニターを行い、入院期間中にレポートを作成するという人もいます。資格試験の勉強時間に充てても良いですね!

治験モニターに選ばれるためには、まずは健康診断を通過しなければいけません。社会人や学生は会社や学校で定期的に健康診断を受けますが、フリーターや主婦は長年受けてないという人も多いのではないでしょうか。

f:id:yentame_02:20170720103811p:plain

治験モニターに応募することで、健康診断が無料になるだけでなく謝礼まで貰え、合格すればさらに高額な報酬が期待できます。非日常の出来事は、友達に話す話のネタとしても面白いものです。少し臨時収入が欲しいと思った時や、お小遣いが足りなくなった時、まずは治験モニターに登録してみることをおすすめします!

 

以上、お得な治験モニターについてご紹介しました。治験モニターをお考えの方は、ぜひ参考にしてみてくださいね!

www.eternalcollegest.com