円貯Station

円貯(えんため)Stationは、お金を『節約する・貯める・稼ぐ』情報をエンターテインメントにお届けします。 日々の暮らしをチョット見直して、楽しくお金を増やしましょう♪

【知ってた?】NHK受信料の仕組みとお得にする方法!【滞納・免除・時効etc...】

f:id:yentame_02:20171020174008j:plain

テレビのニュースでも定期的に話題に上るNHKの受信料。何気なく支払っているという人も多いのでは?
NHKの受信料をお得に支払う方法はあるのでしょうか。もし支払い忘れて滞納したらどうなるの?
今回は、知っているようで知らないNHKの受信料についてご紹介します!

 

NHKの受信料、支払う義務ってあるの?

NHKの受信料は、実は支払う義務がないということをご存知でしょうか?
放送法によると、第64条(受信契約および受信料)第1項には下記の記載があります。

協会の放送を受信することのできる受信設備を設置した者は、協会とその放送の受信についての契約をしなければならない

(引用:https://pid.nhk.or.jp/jushinryo/about_1.html

すなわち、テレビを持っている人は、NHKと契約を結ぶ義務があるという内容ですが、支払いの義務があるとはどこにも書かれていません。
言い換えると、受信料の支払いは税金のように法律で支払いが定められているものではないので、支払い拒否をすることもできるということになります。

NHKの受信料をできれば払いたくないけれど、穏便にいくような気がしないと思う人も多いのではないでしょうか。では、「穏便に」受信料を払わなくても良いケースとはどのようなケースが当てはまるのでしょうか。

 生活保護の受給対象になっている場合

生活保護を受けている場合は、NHKの受信料が免除されます。他にも医療費や住民税、公立高校の授業料など様々な優遇地処置があります。

 受信設備を持っていない場合

テレビがない場合または、テレビがあっても破損していてテレビを見ることができない場合は、NHKと契約をする義務がありません。当然ながら支払いの必要もなく、受信料の拒否が可能です。しかし、NHKの徴収人の中には、携帯電話のワンセグで見れるなどゴリ押ししてくる人もいるようです。ネット環境が整っている場合、「受信設備を設置した」という文言に当たるとは現段階ではされていないので、グレーゾーンな徴収の仕方と言えるでしょう。

smhn.info

解約したい時はどうすれば良い?

現在、多くの人がNHKと契約を結んでいる状態です。解約をするためには、コールセンターに電話をして解約用紙を送付してもらいましょう。

解約できる条件としては、受信機(テレビ)がなくなる状態になる(例:テレビを廃棄した・故障した・譲渡した)ことです。廃棄や故障などは、領収書などの提出が必要になります。他に解約できる方法は、実家などNHKの受信料を支払っている家に同居することになった場合です。実際に、「実家に引っ越すことになった」という理由で解約する人が多いようです。

ただし注意が必要なのは、解約時点で未納金がないかどうかチェックするという点です。万が一、未納金があった場合には、解約時に入金を求められます。

pid.nhk.or.jp

受信料を滞納するとどうなるの?

受信料を滞納すると、支払いを促す督促状が届きます。届いた督促を無視し続けると、滅多にありませんが、最悪の場合は給料などの資産の差し押さえ処置が取られます。

滞納分をすべて納めなければならないのかというと、そうではありません。受信料には時効があり、5年以上前のものは消滅します。5年以内のものは納める必要があるので気を付けましょう。

NHK受信料をお得に支払うには?

クレジットカードで支払う

NHKの受信料をお得に支払うには、年払い&口座引き落としまたはクレジット払いが一番お得です。毎月振込用紙で支払うよりも、地上契約の場合1年で1730円、地上契約を含んだ衛星契約の場合は1年で2590円お得になります。口座引き落としとクレジットカードでは料金が同じなので、ポイントとして還元されるクレジットカードでの年払いが一番お得です。

家族割引を使う

NHKの受信料には家族割引という制度があるのをご存知でしょうか?離れて暮らしているけれども同一生計である場合で、どちらか片方が受信料を支払っているということが条件になります。

条件に当てはまれば、片方は受信料が半額になるというお得な制度です。半額にしてもらう側から申請しない限り適用されない制度なので、条件に当てはまる人は早急に手続きすることをおすすめします。同一生計であれば、何件でも登録できます。

番組モニターになる

NHKの受信料は、少しでも払いたくないと思う人も多いものです。では、支払ったお金をなんらかの形で返金されたら嬉しいですよね。

NHKでは「番組モニター」という制度を設けています。NHKから指定された番組を見て、感想レポートを提出するというものです。任期は半年間(前期は4月~9月・後期は10月~3月)で、1ヶ月に12本程度の番組を視聴します。

番組モニターに支払われる委託料は1ヶ月15000円。半年任期なので、「15000円×6ヶ月=合計90000円」が支払われます。受信料に換算すると、地上契約・年払い・口座引き落としまたはクレジット払いで6年分以上、衛生契約・年払い・口座引き落としまたはクレジット払いで3年分以上に当たります。

番組を見てレポートを提出するという作業はありますが、少しでもNHKからのお金を取り戻すには、手段の1つであると言えるでしょう。番組モニターの募集は秋~冬にかけて行われますので、気になる方は要チェックです。

NHK放送番組モニター(BS)募集 | 募集案内

yutoma233.hatenablog.com

まとめ

最後に、NHK受信料についてポイントをまとめました。

  • NHKの受信料は、テレビがないなどで契約をしない限り支払う義務はない
  • NHKの受信料は支払い拒否が可能
  • NHKは解約ができる
  • 受信料を滞納すると最悪の場合は資産の差し押さえがある(滅多にない)
  • 受信料には5年で時効になる
  • 受信料は年払い・クレジットカード払いがお得
  • お得な家族割引制度がある
  • 番組モニターになってモニター委託料で実質返金を狙う

NHKの受信料、払うなら少しでもお得になる方法を知っておくことが大切です。条件に該当するサービスがある場合は、積極的に利用しましょう!

 

yentame.c-bancho.com

yentame.c-bancho.com

yentame.c-bancho.com

www.nhk.or.jp