円貯Station

円貯(えんため)Stationは、お金を『節約する・貯める・稼ぐ』情報をエンターテインメントにお届けします。 日々の暮らしをチョット見直して、楽しくお金を増やしましょう♪

【貯金したい人必見】無駄遣いとはサヨナラ!物欲を抑えるシンプルな10の方法【節約マインド】

f:id:yentame_02:20170703104740j:plain

節約や貯金をしたいけれど、物欲が抑えられない…つい衝動買いをしてお金を使ってしまう…。
アナタのその物欲、この機会に一度見直しをしてリセットしてみませんか?「止めたくても止められない」なんてただの言い訳!
物欲を抑えるシンプルな10の方法で衝動買いや無駄遣いとはサヨナラしましょう!

物欲が発生する原因とは?

人間の三大欲求といえば、「食欲」「睡眠欲」「性欲」ですよね。「物欲」は人間の三大欲求には存在しないので、もしあなたがそれほどまでに「物欲」に支配されているのだとしたら、それはちょっと危険なサイン。では、そもそもなぜ物欲が発生するのでしょうか?

  • 常に新しいモノ、良いモノを身に着けて見栄を張っていたいから?
  • 仕事や恋愛で溜まったストレスを発散したいから?
  • 満足感や刺激が欲しいから?
  • 買い物依存症だから?
  • ただ単に飽きっぽいから?

あなたの場合はどうでしょう。何か当てはまるものはありましたか?まずは、何が原因で物欲が抑えられなくなっているのか、自分の中で整理してみてくださいね。そしてその物欲は、買い物することでしか果たして満たされないのか、他に方法はないのかどうか、考えてみてください。

それではさっそく、物欲を抑える方法をみていきましょう!

1. 買い物は現金払い一択に!

f:id:yentame_02:20170703101956p:plain

衝動買いを止めたいなら、まずはクレジットカード払いをやめましょう。財布に「借金の元」が入っていると自覚するところから、節約のスタートです。今財布にあるお金だけが、今使えるお金!と考えましょう。

財布の中にクレジットカードが入っていたら使ってしまいそうだという方は、クレジットカードを家に置いて出かけるところからトライしてみてくださいね。

2.月の予算を決める!

f:id:yentame_02:20170703102048p:plain

衝動買いや無駄遣いが止められないとお悩みのあなた、家計簿を付けていますか?目を背けずに、自分が何にどれだけお金を使っているのか把握するために、一度家計簿を付けてみてはいかがでしょう。

月の収入と支出を、今一度洗い出し、ひと月で買い物に使っていい金額を決めましょう。その金額内ならいくら使ってもOK!と自分なりのルールを作れば、お金を使うことの不安やストレスから解放され、心に余裕が持てます。

3.物に縛られない心を持つ!

f:id:yentame_02:20170703102152p:plain

物欲を抑えられない理由のひとつは、それが「ストレス解消」になってしまっているという事。物欲を満たすことでしかストレスを発散出来ないなんて勿体ない!ぜひ、ほかのストレス発散方法を見つけましょう!

同じお金を使うなら、読書、映画鑑賞、散歩、旅行、カフェで友人と会話する等、自分の心が豊かになることをすると良いですね。スポーツを楽しむのもおススメです。

4.費用対効果が低いものは買わない!

f:id:yentame_02:20170703102237p:plain

モノを買う時、そのモノの費用対効果を考えていますか?使う頻度や期間、処分するとなった時の労力や費用などです。その時の気分で買ったアイテムや、流行りに乗って衝動買いしてしまった服、翌年もその翌年も、長く使うことができますか?

何度も何度も使って、捨てるのも惜しいほど長く愛用出来るモノに出会えるよう、モノを買う時は一度立ち止まって費用対効果を考えてみてくださいね。

5.節約のためにお金を使わない!

f:id:yentame_02:20170703102325p:plain

「安いから買っておこう」「まとめて買うとお得だからこの際買っておこう」というのは、節約の名の元で行われる無駄遣いです。

大体「〇個買うとお得!」などというのは、計算してみれば大して得ではないことが多いのです。究極の節約は「買わないこと!」と心得て、本当に必要な分だけ手にするのが一番です。

6.SALEは上手く使ってこそお得!

f:id:yentame_02:20170703102412p:plain

セールという言葉ににつられて買う、というのは物欲に負けている証拠。それに打ち勝ちたいなら、「欲しいから買う」のではなく「必要だから買う」という心意気が大事です。そのためには、日頃から次のセールで買いたいものをリストアップしておくと効果的。必要のない物まで買ってしまっては、せっかくお得なセールが台無しに。

また、ネットサーフィンも危険です。年中お得な商品がズラリと並ぶネットショップ。買い物かごに入れてしまう前に、一度「お気に入り」に入れましょう。お気に入り商品としてキープすることで多少の安心感が生まれ、少し物欲が薄れます。お試しあれ!

7.限定品に踊らされない!

f:id:yentame_02:20170703102457p:plain

「限定品」という言葉につられて、つい買ってしまった…という方、多いのでは。「ラスト一点!」や「現品限り!」などといった売り文句も同様です。

物欲に支配されている時は、お店や企業の思うツボ。限定品も、使わずに積もり積もればゴミの山。節約して貯金を増やしたいならば「良いお客さん」にならないこと。誘惑に負けそうになったら、すぐさま財布の紐を固~く締めましょう!

8.自分へのご褒美は度重なれば単なる負担!

f:id:yentame_02:20170703102546p:plain

自分へのご褒美♪と言いながら、ちょくちょくお金を使っていませんか?ご褒美と言い訳して実は自分で自分の首を絞めているのでは?自分へのご褒美は「年に1度」などと回数を決め、自分に厳しくなりましょう!

9.浪費を綺麗な言葉で言い訳しない!

f:id:yentame_02:20170703102627p:plain

「買い物は一期一会の出会い」などと自分に言い聞かせることはやめましょう!身の丈に合わない数の「プチ贅沢」もただの浪費です。計画的にお金を使えるようになって初めて、気持ちの良い贅沢ができると心得ましょう。

10.老後の姿を想像する!

f:id:yentame_02:20170703102712p:plain

最後の手段は、自分の老後を想像することです。今浪費したお金、無駄に積もった物の数々が、人生の最後でどう効いてくるのか。

お金の使い方に悩んだら、どう年を重ねて、どう終わりたいのか?を考えてみると良いですよ。自分の人生を俯瞰してみることで、欲望との付き合い方のヒントが得られるかもしれません。

 

以上、物欲を抑えるシンプルな10の方法をご紹介しました。色々な方法をご紹介しましたが、「対物欲」を意識しすぎると逆に固執することになるかもしれません。一番大事なのは、物やお金に支配されない心の豊かさです。物から心をそらせるように、違う部分で時間を楽しめたら良いですね!