円貯Station

円貯(えんため)Stationは、お金を『節約する・貯める・稼ぐ』情報をエンターテインメントにお届けします。 日々の暮らしをチョット見直して、楽しくお金を増やしましょう♪

【年間50万円以上も】節約成功者に聞いた!本当に効果があった節約術ランキング【徹底調査】

f:id:yentame_02:20170622120123p:plain

無理・我慢・時間・労力が必要な節約を続けていませんか?無理や我慢が続く節約は、のちに大きなストレスや反動がくる原因となり、時間や労力がかかってしまっては継続することが困難になり挫折してしまうことも…。

今回は、節約に成功した方々にアンケート調査を実施し、実際に効果があった節約術や行った期間、成功金額を徹底調査!

すぐ始められる上に、無理・我慢・時間・労力も必要のない継続できる節約術ばかり。さらに、節約成功に欠かせない”3つの秘訣”もご紹介します!

節約を始めたきっかけは?

f:id:yentame_02:20170621185155p:plain

まず初めに、節約を始めたきっかけを調査しました。いま節約に励んでいる皆さんにも「節約を始めたきっかけ」があったはず。長く節約をしていると、マンネリ化したりモチベーションが低下してしまう時もありますよね。そんな時は当初の節約目的を思い出してみましょう!

第3位 将来や老後の不安

年金制度で安心して老後の生活が出来るのか、いつ病気やケガをするか分からないなどといった将来や老後の不安から、20代からコツコツと節約や貯金を始める人も少なくありません。

第2位 一人暮らしを始めた

一人暮らしは何かとお金がかかりますよね。自炊を始めたり、電気代や水道代に気を遣ったりするなど、一人暮らしは節約に目覚めるひとつのタイミングとなるようです。

第1位 子育てのため

子ども1人にかかる費用は、出産から大学卒業までで2,000万以上と言われています。前もって計画を立てて、出来る限り備えていきたいものですね。

その他にも、家計簿をつけてみたら無駄な出費に気が付いた、車購入や旅行資金、プレゼント購入、転職や派遣切りなどといった意見が。さらには野良猫を保護し、その治療費のために節約に励んでいるという方も!

実際に効果があった節約術ランキング

ここからは「効果があった節約術」をランキング形式で見ていきましょう!

第5位 オール電化・格安スマホに変更する!
f:id:yentame_02:20170621185925p:plain

・家の新築と同時にオール電化にしました。(63歳/男性/公務員)
・オール電化にして、電気代の安い時間帯を狙って家事をしています。(30歳/女性/会社員)
・携帯を格安スマホに変更して月々の料金を節約。(35歳/女性/主婦)

オール電化は朝、昼、夜、深夜で電気代が変わります。そのため電気代の安い時間を狙って家事をする、部屋の電気は自分のいる部屋のみの最小限にする、夜は節電のために早く寝る、コンセントはこまめに抜くなど、こまめな行動とオール電化をうまく併用することで節約効果がアップ!

また、いま話題の格安スマホに乗り換える人も。大手キャリアのスマホ料金は、月額平均9,158円と高めですが、格安スマホの場合は、月額平均2,323円(円貯Station調べ)で利用することが可能。さらには、格安SIMなら月額500円以下に抑えることも可能です。スマホ料金が高くて悩んでいる方はぜひ検討してみてはいかかでしょうか?

yentame.c-bancho.comyentame.c-bancho.com
第4位 100円ショップを活用する!
f:id:yentame_02:20170622101517p:plain

・洗剤や紙コップなどの消耗品はスーパーではなく100円均一ショップで購入。(35歳/男性/会社員)
・100円ショップのモノを上手く利用しています。(30歳/女性/会社員)

ダイソー、キャンドゥ、セリアなど、100円ショップに行けば日用品から食料品まで、何でも揃うようになりました。便利な新商品も続々と登場しています。

100円だからと言って、ちょこちょこ無駄な買い物をしてしまっては本末転倒!コスパや使い勝手などをチェックして、本当に必要なものだけを買うように気を付けたいものですね!

yentame.c-bancho.com
第3位 貯金用の口座を作る!
f:id:yentame_02:20170622102215p:plain

・とにかく給料日にまず3万円を別口座に入れました。必要に応じて引き出すこともありましたが、無理やりにでも別の口座に移すことで節約につながりました。(36歳/女性/会社員)
・給料日に先取り貯金で5万円を貯金用口座に預金しました。(22歳/女性/主婦)
・始めに給料の一部をすぐに使えない通帳に貯蓄。残りの分で生活し、そこから余裕が出た場合は貯蓄か来月にまわしました。(39歳/女性/主婦)

「自動引き落とし」または「無理矢理でも銀行口座に入れる」ことによって毎月使える金額が限られ、なんとか手元にあるお金だけでやりくりしなければならないため、節約につながります。

別口座を作っても結局使ってしまいそう…という方には、原則満期まで引出しが出来ない定期預金がおすすめです。預入金額や期間が選べるので、自分のライフスタイルに合わせてスタートしてみましょう!

第2位 食品は特売品を買い、冷凍保存する!
f:id:yentame_02:20170622103927p:plain

・価格の安い食材(もやし、豆腐、卵など)や安売りの肉を大量に買い、小分けにして冷凍しておきます。(43歳/女性/主婦)
・買った食材は保存器具を使って余すことなく使用します。(30歳/女性/会社員)
・底値を調べ、複数のスーパーで買い物をしています。(45歳/女性/主婦)
・スーパーの特売品のみで献立を考えます。色んなスーパーのチラシを見比べる等、徹底的に考えぬかないといけませんが逆に楽しくなってきました。(37歳/女性/主婦)

今では全国のスーパーの特売日や折込みチラシが掲載されているサイトやアプリが登場し、簡単に全国各地の特売情報を収集出来るようになりました。

買った食材は下処理をしてから冷凍しておけば、いざ調理する際も楽ちんですね。タッパーやフリーザーバッグ、密封シーラーなどの食品保存グッズは100円ショップでも充実しているので、うまく活用しましょう!

tokubai.co.jp
第1位 水筒・弁当を持参する!
f:id:yentame_02:20170622104943p:plain

・今まで昼食は外食やコンビニで購入していましたが、妻に弁当を作ってもらうようにしました。(40歳/男性/会社員)
・お昼の食事はいつもコンビニでおにぎり2個と飲み物を一つ買って食べていたのですが、お弁当と水筒を持参するようにしました。(33歳/男性/会社員)
・格安のスーパーで2Lの水を何本も買い、それを毎日水筒に入れる事で普段の飲み物にお金をほとんど使わないようにしました。(25歳/男性/無職)

ダントツの第1位は「水筒や弁当を持参する」でした。例えば1ヶ月間、毎日500円で昼食を済ませた場合「500円×30日=15,000円」、併せてペットボトルも毎日買う場合「1本150円×30日=4,500円」、合計すると19,500円かかることになります。

1日1本150円のペットボトル飲料のみを1年間節約した場合「150円×365日=54,750円」。ペットボトル飲料代だけでもカット出来ればかなりの節約になります。

www.salaryuma.com

保冷・保温機能付きの480ml~600mlボトルは、2,000円前後で購入が可能なので、弁当+水筒持参約3~4日分の値段で購入できます。

水筒を使えば、夏は保冷効果でいつでも冷たい飲み物が飲めますし、冬は保温効果でいつでも暖かいお茶が飲めるのが最大のメリット。お弁当箱は100円ショップでも購入可能です。持ち物を最小限に抑えたい方はおにぎりケースなどを活用してみてもいいですね。

その他、効果があった節約術を一挙ご紹介!
f:id:yentame_02:20170622111220p:plain
  • コンビニに寄らない
  • 洋服やコスメはプチプラで済ませる
  • 節電の為に夜は早く寝る
  • お風呂ではなくシャワーで済ます
  • クレジットカードや電子マネーを活用してポイントを貯める
  • 髪の毛はセルフカットで済ませる
  • トイレの水は風呂の残り湯で流す
  • 何か買う時はまずリサイクルショップを見る
  • 本は図書館で借りる
  • 電車を使わず徒歩通勤をする
  • 外出をしない

節約の成功金額と継続期間

f:id:yentame_02:20170622113326p:plain

・1年間継続中で毎月5千円。(26歳/男性/会社員)
・3ヶ月で月あたり5000円くらい。(56歳/女性/主婦)
・5ヶ月目で1万3千円。(51歳/女性/パート・アルバイト)
・10ヶ月(継続中)で約15万円。(28歳/男性/会社員)
・1年間で約18万円くらい。(30歳/男性/会社員)
・1年間で50万円。(36歳/女性/会社員)
・1~2年で20万円。(30歳/女性/会社員)
・3年間で20万円くらい。(43歳/女性/主婦)

一番多かった継続期間は「1年以上」で、中には8年~10年節約生活を続けているという方も。まさに、継続は力なり!

月当たり5,000円の節約が出来れば、年間で6,0000円の節約になります。中には年間で50万円の節約成功者も。年間50万円ということは、月当たり4万円以上の節約が出来ているということになりますね。

節約成功の秘訣とは

・小さな努力でも継続すれば大きな利益に変わることが実感できた。(28歳/男性/会社員)
・明確に目的があるからこそ節約ができると思うので、ただ単に節約という形では成功しなかったかもしれません。(36歳/女性/会社員)
・やれば結構節約できるものだと実感した。普段いかに無駄に使っているお金があったのか気づいた。(30歳/女性/会社員)
・湯沸かし器は温度が1度違うだけでガスの使用量が大きく変化するとは思わなかったので節約に効果的だったと思います。(51歳/男性/会社員)
・できることをとにかく続ける!これが一番だと思います。(50歳/女性/自営業)
・思ったよりも節約できるものだとびっくりしました。洗剤などにしても100円均一ショップだかといって質が悪いわけでもなく、節約に伴うストレスも全くありませんでした。(35歳/男性/会社員)
・節約のために以前よりも外食を控えて自炊中心の生活に切り替えたために、健康面でもメリットが大きくやって良かったなと心から思います。(30歳/男性/会社員)
・小さなことでも、こつこつと積み重ねれば結構大きな節約になるんだなあと思いました。(33歳/女性/パート・アルバイト)

最後に、節約成功者の皆さんに感想を伺いました。大多数の方が節約に対してとてもポジティブ。これからも無駄を見直したり、他にも色々な節約術を試していきたいなどといった意見が多く見受けられました。

節約成功には、継続することが必要不可欠ですよね。そのための秘訣は「目標を持つこと、決して無理はしないこと、楽しむこと」。この3つが重要なのではないでしょうか。

 

以上、節約成功者に聞いた!効果があった節約術ランキングをご紹介しました!無理や我慢をせず、うまく節約していきたいものですね!