円貯Station

円貯(えんため)Stationは、お金を『節約する・貯める・稼ぐ』情報をエンターテインメントにお届けします。 日々の暮らしをチョット見直して、楽しくお金を増やしましょう♪

【楽天スーパーポイント】いつでもどこでもお得な楽天ポイントの貯め方と使い方【共通ポイント】

f:id:yentame_02:20171101165937j:plain

最近では色々なお店やサービスでポイントが貯まる「共通ポイント」が続々と登場していますよね。

でも『共通ポイントは種類が沢山ありすぎてどれを選べばいいのか分からない。』という方も多いのではないでしょうか。

そこで今回おすすめしたいのが楽天ポイントです。ショッピングや旅行、グルメなどが充実している楽天グループはもちろん、全国の提携店舗の利用でポイントがザクザク貯まります!

本記事では、楽天ポイントの概要からお得なポイントの貯め方や使い方についてまで、詳しく説明していきます!

楽天ポイントとは?

楽天ポイントとは、楽天市場や楽天カードなどでもおなじみの楽天グループが取り扱っている、全国の飲食店やドラッグストア、ガソリンスタンドなどでポイントを貯めることができる共通ポイントです。楽天ポイントの他にも、TカードやPontaカードなどが共通ポイントカードに該当します。

楽天ポイントの正式名称は『楽天スーパーポイント』ですが、名称が長いため基本的には『楽天ポイント』と呼ばれています。楽天市場などネットショッピングでの利用や、提携している数多くの実店舗での利用でポイントが貯まる&使えます。

point.rakuten.co.jp

楽天ポイントはどうやって利用を始めるの?

1.まずは『楽天ID』をゲットする!

www.rakuten.co.jp

楽天ポイントの利用には、『楽天ID』の登録が必要になります。楽天市場のサイトから、会員登録をするだけで楽天IDを作成できます。

2.『楽天ポイントカード』をゲットする!

WEBページ(楽天オフィシャルショップ)もしくは提携店舗(楽天ポイントカードが使えるお店)で『楽天ポイントカード』をゲットしましょう。入会金や年会費は無料で、面倒な申し込み手続き等もありません。

楽天のオフィシャルショップでは100円(税込)で楽天ポイントカードが購入できます。提携しているマクドナルド、ミスド、くら寿司、プロント等の一部店舗では、お店のデザインがあしらわれた楽天ポイントカードを無料で配布しているところもあります!

3.楽天ポイントカードの『利用登録』を行う

楽天ポイントカードを手に入れたら、楽天にログインして『楽天ポイントカード利用登録』を行います。

カード裏面に記載されている「楽天ポイント番号」と「セキュリティコード」を入力すればOK!1つの楽天会員IDで15枚までポイントカードを登録することができます。

複数のカードで貯めたポイントは、使用時にはどれか1枚のカードを提示すれば貯まったポイントを使うことができますよ!

利用登録をせずにポイント付与から12ヶ月を経過した場合、ポイントが無効になってしまいますので、カードを手に入れたら利用登録を忘れずに行ってくださいね!

※カードを増やしたくない方にはアプリがおすすめ!

『楽天ポイントカードアプリ』なら、バーコード画面を提示するだけで楽天ポイントを貯めることができます!一部、アプリの利用対象外となる店舗がありますが、ほとんどのお店でアプリに対応しているのでご安心ください。

アプリのダウンロード後、楽天IDとパスワードを入力してログインすれば利用登録は完了です。あとは会計時にレジでバーコードを提示すればポイントを貯めることができます。

楽天ポイントカード(RakutenPointCard)

楽天ポイントカード(RakutenPointCard)

  • Rakuten, Inc.
  • ライフスタイル
  • 無料
play.google.com

※すでに楽天カードを持っている場合

すでに楽天カード(クレジットカード)を持っている場合、お持ちの楽天カードに『楽天ポイントカード機能』を付けることが可能です。しかし、切替手数料として1,080円(税込)がかかってしまいます。

そのため、どうしてもカードを1枚にまとめたい!ということでなければ、上記で紹介した『楽天ポイントカード』と楽天カードを2枚持ちするのがおすすめです!

『楽天カード』と『楽天ポイントカード』の2枚持ちをした場合でも、1つの楽天IDにポイントををまとめることができます。

他にも、『楽天ポイントアプリ』と併用すれば無料で今すぐ楽天ポイントが貯められます。アプリの場合でも、ポイントカードと同様で1つの楽天IDにポイントが集約されるので、ダウンロードしておくとカードを忘れてしまった時にも便利です。

カード切り替え時の注意として、切替前のカードで『楽天Edy機能付きカード』を利用していた場合は、新カードに楽天Edy残高の引継ぎがされません!楽天Edyの残高がある場合には、使い切ってから切り替えを行ってくださいね。

なお、Edy機能付きカード内の『楽天スーパーポイント』に関しては、作り直し後の新しいカードへそのまま引き継ぐことが出来ます。その際のポイント移行手続きなどは必要ありません。

楽天ポイントの使い方は?

貯まった楽天ポイントの基本的な使い道としては、楽天サービスでの利用や全国の提携店舗(飲食店やドラッグストア、ガソリンスタンドなど)で利用することが可能です。

基本的に『1ポイント=1円』として交換が可能になっており、マイルへの交換や電子マネー「楽天Edy」への交換も可能です。

前述した通り、基本的には『1ポイント=1円』にて利用可能となっていますが、利用するサービスやお店によってはポイントの変換率が変わりますので、

自分の利用するサービスやお店のポイントなどをしっかりチェックしておくことが大切です。

※サークルKサンクスでの楽天カード利用は、2017年9月30日をもって終了しました。貯まっているポイントは、引き続き全国の対象店舗で利用可能です。

※獲得した楽天ポイントは、3~5日程度で付与されます。

pointcard.rakuten.co.jp

楽天ポイントをお得に貯めるには?

コツコツと楽天ポイントを加盟店やネットで貯めていく方法もよいのですが、楽天ポイントは、さまざまな楽天サービスと組み合わせることによってポイントが貯まりやすくなるという特徴があります。

せっかく楽天ポイントを貯めるのであればこの方法を最大限に生かしてポイントをザクザク貯めていきましょう!ここからは、おすすめの活用法をご紹介していきます。

現金よりお得!『楽天Edy機能付きカード』を利用しよう

f:id:yentame_02:20171117171044p:plain
引用元:edy.rakuten.co.jp
yentame.c-bancho.com

楽天ポイントを効率よく貯めたい方におすすめしたい方法の1つに、電子マネー楽天Edy付きのカード『Edy-楽天ポイントカード』を利用する方法があります。

通常の楽天ポイントカードを利用して実店舗で支払いをすると、およそ1%ほどのポイント還元率になりますが、Edy付きのポイントカードを利用することによってポイントがアップします!

楽天Edy加盟店の場合、楽天Edyで支払いをすると『200円ごとに1ポイント』が付与されます。

楽天ポイント&楽天Edy加盟店の場合、楽天ポイントカード提示分のポイントと楽天Edyで支払った分のポイントが、ダブルで付与されるということになります。

例えば、200円の買い物をした場合は楽天ポイントカードの提示で2ポイント、楽天Edy支払いで1ポイントの、合計「3ポイント」が付与されます。

また仮に1000円の買い物をした場合は、楽天ポイントカードの提示で10ポイント、楽天Edy支払いで5ポイント、合計「15ポイント」が付与されます。

簡単にまとめると、

  • 楽天ポイントカード=100円ごとに1ポイント(付与率は加盟店により異なる)
  • 楽天Edyで支払い=200円ごとに1ポイント

この2つが同時に付与される、ということになります。

ちなみに、楽天ポイントの加盟店でなくても、楽天Edyで支払いをすれば楽天Edy分の『200円ごとに1ポイント』は付与されますのでご安心を!

楽天ポイントを貯める最強のカードは楽天カード!

f:id:yentame_02:20171117170704p:plain
引用元:edy.rakuten.co.jp

楽天ポイントを一番効率よく貯めるのであれば、一番オススメなのがクレジットカードである『楽天カード』の利用です。

SPUを利用すれば最大ポイント7倍!

SPUとは『スーパーポイントアッププログラム』の略で、楽天会員対象のポイント還元率が最大7倍までアップするサービスです。

通常ポイント1倍に加えて

  • 『楽天市場』での買い物に楽天カードを利用するとポイントが+3倍
  • 『楽天市場アプリ』で当月1回以上の利用すると楽天市場の全商品でポイント+1倍
  • 『楽天プレミアムカード』か『楽天ゴールドカード』を使って楽天市場で買い物すると全商品がポイント+1倍
  • 『楽天モバイル』の通話SIMを申し込むと契約期間中は楽天市場の全商品がポイント+1倍

上記全ての条件を満たしている場合、通常の7倍のポイント還元率になります!

もちろん楽天カードの利用だけでもポイントがお得に!

ポイント7倍になるための全ての条件を満たせなかったとしても、楽天カードを利用するだけで楽天市場でのお買い物が常にポイント4倍になり、楽天トラベルの利用では常にポイントが2倍の状態になっています。

さらに、楽天カードのポイント還元率は1%と高還元率となっており、楽天ポイント加盟店でなくても通常のカード支払いで1%分の楽天ポイントが付与されます。

また、街の楽天ポイント加盟店で楽天カードを利用すれば、楽天ポイントが最大4倍までアップします。

ポイントがお得に貯まるキャンペーンも豊富!

楽天カードではポイントがお得に貯まるキャンペーンも豊富に揃っていますので、キャンペーンに参加することで一気にポイントを貯めることも可能です。

例えば、楽天カードへの紹介プログラムを利用すると、楽天カードを友人へ紹介したり、家族カードへ入会したりすると2000ポイントがプレゼントされるなど、嬉しいキャンペーンがあります。

また、楽天カードの引き落とし口座に楽天銀行を設定すると、普通預金金利が2倍になったり最大9ポイントの楽天ポイントが取得できたりします。

ポン!カン!キャンペーンへの参加も可能!

『ポン!カン!キャンペーン』とは、楽天サービスを当月中に3つ利用するとポイントが2倍にアップし、4つの利用で3倍、5つの利用でポイント4倍になるサービスです。

一ヶ月の間に、下記の楽天サービスを複数利用する場合はエントリーしておいて損はありません!

  • 楽天市場
  • 楽天ブックス
  • 楽天トラベル
  • 楽天GORA
  • 楽天kobo
  • 楽天市場アプリ(携帯版楽天市場)

楽天モバイルとの組み合わせで更にポイントアップ!

yentame.c-bancho.com

楽天のカードの他にも、『楽天モバイル』の利用で楽天ポイントがお得に利用できるようになります。

楽天モバイルとは、楽天グループが取り扱う格安スマホ・格安SIMのサービスで、大手キャリアのおよそ半分以下の月額料金でスマホを利用することが可能になります。

この楽天モバイルを利用するとポイントアッププログラム効果により、ポイントが常に1倍アップとなり、更に月々の利用料金から100円につき1ポイント還元されます。

楽天カードと楽天モバイル、そしてアプリを利用しているだけでも、楽天市場でお買い物をすれば、どの店舗でもポイントは常に6倍の状態になります。

SIMだけ購入したいという方には『格安SIM+楽天でんわ5分かけ放題』の組み合わせでの利用で5555円相当のポイントプレゼントがあります。

お買いものレビューを書いてポイントをゲット!

pointcard.rakuten.co.jp

レビュー対象商品の提携店舗にて商品を購入し、アプリ・スマホサイト・メールからレビューを投稿すると、『レビュー1投稿=1ポイント』がもらえます!

レビュー対象商品のジャンルは、食品、ソフトドリンク、お酒、ダイエット食品、健康食品、日用雑貨、文房具など様々!

ポイント付与のタイミングは、前月4日~当月3日までのレビュー投稿分を、当月25日までに通常ポイントとして付与されます。

楽天ポイントをお得に使う裏ワザ!

楽天ポイントは、基本的な使い方が『1ポイント=1円』での利用になっていますが、実はちょっとした裏ワザを使うことでもっとお得にポイントを使うことができるんです!そこで今回は、お得に使える楽天ポイントの裏ワザも一緒に紹介していきます。

楽天ポイントを電子マネー「楽天Edy」に交換するとお得!

貯めた楽天ポイントを楽天Edyに交換することも可能となっており、基本的には『1ポイント=1円』としての交換が可能になっています。

楽天Edyは全国のコンビニ・スーパー・ファミレスなどで利用が可能ですので、ポイントの使い方に迷った時にはEdyに変えておくというのも1つの方法です。楽天Edyマークが明記されている店舗なら利用可能です。

edy.rakuten.co.jp

楽天ポイントは手数料無料でマイルへの交換も可能!

一般的なクレジットカードなどのポイントでは、マイルへの交換の際に手数料をとるポイントも多いのですが、楽天ポイントからANAマイルへの移行手数料は無料となっています。

交換レートは『2ポイント=1マイル』になっていますので、マイラーの方も楽天ポイントを利用しながら、クレジットカードと併用でマイルを貯めていくことが可能です。

まとめ

f:id:yentame1:20170412232607p:plain

今回は、楽天ポイントのお得な貯め方や使い方についてご紹介しました!

楽天グループでのさまざまな組み合わせによって、ポイントをどんどんお得に貯めていけるのが楽天ポイントの最大のメリットです。

もともと楽天市場を利用してネットショッピングを楽しんでいる方は、すぐにポイントが貯まっていきますよ。

ちょっとした工夫次第でお得にポイントを交換することができますので、今回紹介したポイントの交換方法は、ぜひチェックしておいてくださいね。

 

yentame.c-bancho.com

yentame.c-bancho.com

yentame.c-bancho.com