円貯Station

円貯(えんため)Stationは、お金を『節約する・貯める・稼ぐ』情報をエンターテインメントにお届けします。 日々の暮らしをチョット見直して、楽しくお金を増やしましょう♪

【今更聞けない電子マネー】幅広いジャンルのお店で電子マネーを使いたいなら『QUICPay』がお得!【ポイントが貯まる】

f:id:yentame1:20170317180540p:plain
引用:quicpay.jp

スーパー、コンビニ、ファミレスなどのレジでよく目にするようになってきた電子マネー。
『いつの間にか普及してるけど、実はあまりよく分かってない...。』
『電子マネーって、種類が多すぎてどれを使えばいいのかわからない』
という方も多いのではないでしょうか?

そんな方のために、今回は電子マネーとは一体なんなのか?を調べるとともに、電子マネー『QUICPay』について詳しく調べてみました!

電子マネーとは?

f:id:yentame1:20170316145016j:plain

電子マネーとは、現金の代わりにカードやスマホなどで支払いが可能な、電子決済サービスの一種です。

カードやスマホ内の現金残高のチャージ(加算)方法には、電子マネーのブランドによって異なり、大きく分けて2種類の方法が用いられています。

  • あらかじめお金を入れておくプリペイド式…WAON、楽天Edy、nanaco、Suica、PASMOなど
  • 使った分だけ後でお金を支払うポストペイ式…QUICPay、iDなど

今回ご紹介するQUICPayは、ポストペイ式の電子マネーです。プリペイド式もポストペイ式も、基本的にはレジの横に置かれている機械に「ピッ」とかざすだけで、支払いが完了します。

それではここで、電子マネーのメリットとデメリットを確認してみましょう。

電子マネーのメリット
  • 小銭の出し入れや受け渡しが不要なので、レジでの支払いがスムーズ!
  • クレジットカードと違い、サイン(署名)や暗証番号の入力は不要!
  • 使った分だけポイントが貯まっていくのでお得!
  • 重たい小銭を持ち歩く必要なし!お財布がスッキリして整理しやすい!
電子マネーのデメリット
  • いったん入金すると払い戻しができない
  • カードだけでは利用残高を確認できないため、使い過ぎてしまうことも
  • 電子マネーの種類自体が多すぎて、どれを選べばお得なのかがわかりにくい

QUICPayとは?

f:id:yentame1:20170317180729p:plain
引用:quicpay.jp

QUICPayとは、クレジットカードブランドとしても有名なJCBが発行しているポストペイ式電子マネーです。

ドコモの電子マネー「iD」と同様に、電子マネーが登場し始めた当時から存在しており、クレジットカードに付帯している形か、携帯やスマホなどで使える『おサイフケータイ』を経由して利用する形になります。最近では、キーホルダータイプなどのユニークな形も登場しています。

さらに、ポストペイ式のQUICPayとプリペイド式のnanacoが一体型になった『QUICPay(nanaco)』なども登場しています。

QUICPayの基本スペック

ここで、QUICPayの最大チャージ金額やポイント還元率、有効期限や使い道などの基本スペックを確認してみましょう。

  QUICPayの基本スペック
最大チャージ金額 付帯しているクレジットカードの限度額
ポイント還元率 クレジットカードのポイント還元率による
(QUICPay自体のポイント還元がないため)
ポイント有効期限 クレジットカードのポイントによる
QUICPayポイントの使い道 基本的にクレジットカードのポイントによる
利用可能な場所 QUICPay加盟店
QUICPayで支払いができる場所
f:id:yentame_02:20170719163157p:plainwww.quicpay.jp

QUICPayもiD同様に、電子マネーが登場した初期の段階から存在しているため、もともと利用できる店舗が幅広くカバーされています。コンビニやスーパーマーケットをはじめ、ガソリンスタンドやドラッグストア、レストランやアミューズメント施設などでも利用することができ、nanacoと一体型の「QUICPay(nanaco)」を利用すれば、QUICPayでカバーできていない店舗でもnanacoで支払いすることが可能です。

QUICPayの申し込み方法
f:id:yentame_02:20170719163334p:plain
www.quicpay.jp

QUICPayを申し込むには、QUICPayに対応したクレジットカードやプリペイドカードが必要です。まずは、QUICPay対応のカードを持っているかどうか、確認してみてください。

対応しているクレジットカード会社は主に、JCB、楽天カード、エポスカード、UCカード、クレディセゾン、エポスカード、ビューカード、アメリカン・エキスプレスなどで、プリペイドカードではauWALLETが利用可能です。他にも数多くのクレジットカード会社に対応していますので、詳しくは公式サイトを確認してみてくださいね。

QUICPayの支払い方法
f:id:yentame_02:20170719165927p:plain

QUICPayは後払いするポストペイ式なので、使った金額はクレジットカードの代金と一緒に請求される仕組みになっています。SuicaやPASMOなどのようにチャージ(先払い)する必要がありません。

そのため、カード内の残高を気にしたり、残高不足で支払えない!という事態になることがありません。チャージするための現金も、残高不足への不安も、QUICPayなら必要ないのです!

QUICPayのメリット・デメリット

f:id:yentame_02:20170719165742p:plain

それでは最後に、QUICPayのメリット・デメリット、そしてQUICPayがおすすめな人の特徴をまとめてみました。

QUICPayのメリット
  • ポストペイ(後払い)式なので、チャージする必要も、残高不足の心配もいらない!
  • QUICPay(nanaco)を利用すれば、ポイントの二重取りが可能!
  • 利用可能な店舗が多く、広範囲での支払いがカバーされている!
QUICPayのデメリット
  • QUICPay自体のポイントはつかない
  • ネットショッピングや海外での利用はできないため、実店舗のみでの利用となる
こんな人にオススメ!

国内の幅広いジャンルのお店で電子マネーを利用したい人!

QUICPayをお得に利用するならこのカード!

『どうせなら、お得にQUICPayを利用したい!

ポストペイ式のQUICPayは、単独でカードが存在するわけではなく、他のカードに付帯する形やスマホなどでの支払い形態をとる必要があります。

そこで今回は、QUICPayをお得に利用できるカードをご紹介します!

QUICPay(nanaco)
f:id:yentame1:20170316190518p:plainwww.nanaco-net.jp

カードの表面はnanacoと全く同じですが、裏面にQUICPayのマークが入っています。nanacoで支払いをすると、nanacoポイントが100円ごとに1ポイントつきます。

さらに、nanacoが利用できないお店でも、QUICPayを利用するとnanacoポイントが200円ごとに1ポイント貯まります。

オリコカード ザ ポイント
f:id:yentame1:20170317190159p:plainwww.orico.co.jp

クレジットカードの利用でQUICPayを使うのであれば、ポイントが常時1%の高還元率を誇るオリコカードがおすすめです。入会後6ヶ月間はポイント還元率が2.0%にアップしますので、QUICPayの支払いにはおすすめのクレジットカードです。

まとめ

f:id:yentame1:20170316181816j:plain

今回は、電子マネー『QUICPay』について調べてみました。
電子マネーの利用をためらっている方もまだまだ多いとは思いますが、QUICPayを利用することで、付帯しているクレジットカードのポイント還元にも繋がったり、QUICPay(nanaco)を利用すれば、nanacoの利用できない場所でもnanacoポイントを貯めることができます。
幅広く利用できる電子マネーをお探しならQUICPayはオススメですよ!