円貯Station

円貯(えんため)Stationは、お金を『節約する・貯める・稼ぐ』情報をエンターテインメントにお届けします。 日々の暮らしをチョット見直して、楽しくお金を増やしましょう♪

【今更聞けない電子マネー】頻繁にイオンを利用するなら『WAON』がお得!【ポイントの二重取り可能】

f:id:yentame1:20170316173115p:plain

引用:WAON公式サイト

 

スーパー、コンビニ、ファミレスなどのレジでよく目にするようになってきた電子マネー。
『いつの間にか普及してるけど、実はあまりよく分かってない...。』
『電子マネーって、種類が多すぎてどれを使えばいいのかわからない』

という方も多いのではないでしょうか?
そんな方のために、今回は電子マネーとは一体なんなのか?を調べるとともに、電子マネー『WAON』について詳しく調べてみました!

 

電子マネーとは?

f:id:yentame1:20170316145016j:plain

電子マネーとは、現金の代わりにカードやスマホなどで支払いができる電子のお金のことです。

カードやスマホ内の現金残高の加算方法(チャージ)にも、電子マネーブランドによって特徴があり、現在大きく2種類の方法が用いられています。

  • あらかじめお金を入れておくプリペイド式
  • 使った分だけ後でお金を支払うポストペイ式

電子マネーのメリット・デメリット

f:id:yentame1:20170318180415j:plain

それでは、電子マネーのメリット・デメリットをそれぞれ見ていきましょう!

メリット

  • 小銭の出し入れ不要でレジでの支払いがスムーズ!
  • クレジットカードと違いサイン不要で小銭も使える!
  • 使った分だけポイントが貯まる!
  • お財布がスッキリして整理しやすい!

デメリット 

  • いったん入金すると払い戻しができない
  • カードだけでは利用残高を確認できないため、使いすぎてしまう
  • 電子マネーの種類自体が多すぎてどれを選べばお得なのかがわかりにくい

自分に合った電子マネーを見つけよう!

f:id:yentame1:20170318181036j:plain

電子マネーには現在さまざまな種類が存在しており、自分のライフスタイルに合った電子マネーを選ぶことが、お得に利用するポイントになります。

そこで今回は電子マネーブランドの『WAON』について徹底的に調べ、どんな人におすすめなのかを解説していきます!

WAONとは?

f:id:yentame1:20170316154050p:plain

引用:WAON公式サイト

www.waon.com

 

WAONとは、ショッピングモールなどでおなじみのイオンが発行しているプリペイド式電子マネーです。おもにイオングループなどで利用ができ、200円(税込)の買い物ごとにWAONポイントが1ポイント貯まります。

WAONの基本スペック

  WAONの基本スペック
最大チャージ金額 5万円
ポイント還元率 0.5%(200円につき1ポイント)
ポイント有効期限 1年間のポイント加算期間を含む最大2年間
WAONポイントの使い道 ・100WAONポイントごとに、100円分のWAON(電子マネー)と交換可能。
・Suicaポイントへの交換も可能
利用可能な場所 イオンのお店やWAON加盟店

WAONのチャージ方法

WAONのチャージ方法は、以下の4つの方法から選べます。

  1. 現金でのチャージ(全てのWAONで利用可)
  2. レジットカードでのチャージ(利用可能カードの指定あり)
  3. イオン銀行でのチャージ(利用可能カードの指定あり)
  4. オートチャージ法(利用可能カードの指定あり)

WAONで支払いができる場所

イオングループをはじめ、イオングループ以外のお店でもWAONはさまざまな場所で利用可能です。

f:id:yentame1:20170316163957g:plain

引用:WAON公式サイト

ここにあげた以外にも、TUTAYARight-onなどでもWAONは順次利用できるようになっています!

WAONのメリット・デメリット!こんな人におすすめ!

f:id:yentame1:20170316171026j:plain

引用:WAON公式サイト

それでは最後に、WAONカードのメリット・デメリット、そしてWAONカードがおすすめな人の特徴をまとめてみました。

WAONのメリット

  • イオングループや提携先での利用でポイントが貯まる!
  • 毎月20日・30日にイオンで買い物すると5%オフになる!
  • 徐々に利用可能な店舗が増えているので利用しやすくなっている

WAONのデメリット

  • ポイント還元率が0.5%と低め
  • 2017年3月現在、セブンイレブンで利用できない
  • WAONカード発行に300円の手数料がかかる

こんな人にオススメ!

近くにイオングループの店舗があり、頻繁にイオンを利用する人!

WAONの利用ならイオンカードセレクトでもっとお得に!

f:id:yentame1:20170316171338j:plain

引用:WAON公式サイト 

イオンを頻繁に利用するけどWAONカードの発行手数料がかかるのはちょっと...

ポイント還元率0.5%じゃ、あまり惹かれないな〜...』

という方には、イオンカードセレクトがオススメです。

diamond.jp

クレジットカード機能+イオン銀行のバンクカード+WAON 』の一体型となっており、発行手数料や年会費が無料で作れます!

WAONでの支払いのポイント還元の他に、クレジットカードからのチャージで0.5%のポイント還元がつきますので、ポイントの二重取りが可能となります!

まとめ

f:id:yentame1:20170316181816j:plain

今回は、電子マネー『WAON』について調べてみました。

電子マネーの利用をためらっている方もまだまだ多いとは思いますが、イオングループが近くにあり、頻繁に買い物をする方にとっては、現金での買い物よりもはるかにお得になるカードです。

イオンでのお買い物頻度の高い方は、ぜひ『WAON』の利用を検討してみてくださいね!