円貯Station

円貯(えんため)Stationは、お金を『節約する・貯める・稼ぐ』情報をエンターテインメントにお届けします。 日々の暮らしをチョット見直して、楽しくお金を増やしましょう♪

【キャリア】毎月のスマホ料金が安くなる裏技特集!数千円カットも!?【通信料節約】

f:id:YenTame_Station:20170130172553j:plain

docomo・au・Softbankの大手キャリアスマホを利用している方にとって、毎月の通信料の高さは悩みの種。
料金が大幅に安くなる格安スマホも気になるけれど、メールアドレスの利便性や通信速度の安定性などから、やっぱりキャリアスマホを使い続けたい!という方も多いのではないでしょうか?
そこで今回は、キャリアスマホの通信料を安くする裏ワザを大特集!

裏ワザ1:オプションの解約

キャリアショップにてスマホを契約・機種変更する際、端末代の割引を受ける代わりに半強制的に様々な「有料オプション」に加入させられていることをご存じでしょうか?
多くが初月無料ということで特に意識せず加入してしまうため、無料期間を過ぎても高いオプション代を延々と払い続けている、という方はとても多いはず!
例えばNTTドコモの場合は、主に以下のようなオプションがあります。
・「dtv」:500円
・「dヒッツ」:500円
・「dマガジン」:400円
・「dアニメストア」:400円
・「ドコモ地図ナビ」:300円
・「dキッズ」:372円
1つ1つのオプションは月額300円~500円程度ですが、もし2,000円分付けていたとしたら年間24,000円も無駄なお金を払っていることに・・・。
どうしても必要な物以外のオプションは、今すぐに解約を!
加入しているオプションの確認や解約は、各社のショップやお客様センター、または各社サイトのマイページにて行うことができますので、ぜひチェックして下さいね。

裏ワザ2:通話が多い人はカケホーダイプランへ

www.au.com

普段からスマホを使って多く通話をする方、具体的には月に1時間以上通話をする方は、カケホーダイプランに加入する事を推奨します。
スマホの通話料はガラケーより高く30秒間20円、1時間では2,400円。
ここでカケホーダイプランを契約すれば、各社月額2,700円で通話し放題になりますので、料金を気にせず利用できますね。
もうちょっと料金を抑えたい場合は、「1回あたり5分以内の通話無料」のライトプランが各社月額1,700円で利用できますので、こちらもオススメですよ!

裏ワザ3:通話アプリ・IP電話を利用する

カケホーダイプランにするほど通話はしないと方は、通話の際に料金が安くなる「通話アプリ」や「IP電話」を利用すると節約できます!

通話アプリ

denwa.rakuten.co.jp
メリット

・普段使っている電話番号で発着信ができる
・アプリを使うだけで簡単に通信料を安くできる
・月額料金無料

デメリット

・IP電話よりは通話料が高い

一押しの「楽天でんわ」では、月額料金無料で国内・国際電話ともに10円 / 30秒と、何と通話料が半額になります!
更には通話料100円につき楽天スーパーポイントが1ポイント貯まり、通話品質も安定しているため、とってもお得です!

IP電話

ip-phone-smart.jp
メリット

・新たに050番号が支給されるので、仕事・プライベート用と番号を使い分けできる
・ユーザー同士の通話が無料
・電話アプリよりも通信料が安い

デメリット

・ネット回線を利用するため、通信環境により不安定になることがある
・050番号での着信を相手が不振に思う場合がある(事前に連絡しておきましょう!)

一押しの「SMARTalk」では、月額料金無料で国内・国際電話ともに8円 / 30秒、と楽天でんわより更に安く利用できます!
また月額料金が300円かかりますが、携帯電話へ17円 / 1分、固定電話へ8円 / 3分と最安で利用できる「050plus」もお得ですね。

またLINEユーザーの方は、ユーザー同士無料で通話できるLINEの無料通話の使用が最得!更にはLINEユーザー以外・固定・海外への通話は、動画広告視聴で通話が最大3分間無料になる「LINE Out Free」、広告なしで携帯電話へ14円 / 1分、固定電話へ3円 / 1分で通話できる「LINE Out 有料電話」も便利ですよ。

line.me

裏ワザ4:各種割引を適用する

キャリア各社で提供している割引サービスを適用することで、スマホ料金を更に節約することができます!
長期利用割引、学割、家族割、自宅のプロバイダとのセット割など、各社割引は以下サイトにて確認できますので、ご自身の契約状況で利用できる割引をショップで確認してみましょう。

www.softbank.jp

裏ワザ5:Wi-fiを有効に活用する

自宅・会社・公衆のWi-fiの有効活用も、スマホ代節約の大きなポイント!
特にアプリダウンロード・動画視聴・ゲームをする際にはデータ通信量が多くなるので、よく利用する方は高額な上位プランを契約する必要がありましたね。
そこでできる限りWi-fi経由でネット接続すれば、通信料にカウントされないので安心して利用できますよ。

裏ワザ6:下位プランに見直す

今現在あなたが契約しているプランは自分の利用頻度に合っておらず、実は通信量が余っている!何てことはありませんか?
Wi-fi利用でデータ使用量を減らすことに成功したなど、現在の適切なデータ使用量を把握して「下位プランに変更」すれば、大幅に月額料金を節約することができます!
例えばNTTドコモの場合、下位プランに下げれば月額料金が大幅に安くなりますね。
・データSパック 2GB(3,500円)
・データMパック 5GB(5,000円)
・ウルトラデータLパック 20GB(6,000円)
・ウルトラデータLLパック 30GB(8,000円)
またauでは更に小刻みに容量プランがラインナップされていますよ!
(*ソフトバンクの新規受付ではギガモンスター、20GB/月額6,000円と30GB/月額8,000円の2択のみですが、学割モンスターU25を使うことで1年間月額1,000円割引になります)
ぜひ各社ショップ、もしくはサイトのマイページにて月々のデータ使用量を数か月分チェックし、自分自身に適切なプランを選びましょう。

裏ワザ7:各社のお得サービスを利用する

実はキャリア各社には、知らないと損するような超お得サービスがあるんです!
それらを利用すればあなたのスマホ代は更に安くできますので、ぜひチェックして下さい!

NTT docomo

dpoint.jp

①dポイントクラブ(年会費無料)に入会し、通信料金の1%相当が貯まるdポイントを通信料金割引、ローソンやマクドナルドなどでの買い物で利用する。
②クレジットカードの「dカードGOLD」(年会費1万円)に入会すれば、通信料のdポイント付与率が10%にアップするので、月額料金が1万円以上の方は検討する価値あり

au

www.au.com

①au WALLETプリペイドカード(年会費無料)を作り、通信料の1%分の還元を受けよう!また街やネットでのショッピングでも貯める&使えてお得!
②長期利用のユーザーは「au STAR」(会費無料)に入会手続きを!
動画・書籍のコンテンツの無料プレゼントや、契約年数・データ定額料に応じてWALLETポイントが毎月還元されるのでお得です。

Softbank

①手持ちのTカード番号を登録し、通信料の0.5%分のTポイントをゲットしよう!
その他のTポイント提携店でもポイントをドンドン貯めて、携帯電話の通信料・機種変更代金に利用できて便利です。
②メールマガジンに登録すると、毎週金曜日「スーパーフライデー」に飲食店の無料クーポンが配信されますので、ぜひ登録を!
2017年は3月・4月に開催予定ですので、必ずクーポンをゲットしたいですね。

www.softbank.jp

③長期継続特典が絶対にお得!
2年、または3年毎の契約更新時にYahoo!ショッピングなどで利用でき3,000円分のTポイントがもれなくプレゼント!
また毎月500円分のTポイント、もしくは200円割引がプレゼントされますので、2年以上のユーザーは今すぐ手続きをしましょう!

 

以上、キャリアスマホの料金を安くする裏ワザのご紹介でした!
これらを実行すれば月数千円分の節約効果がありますので、絶対にお得ですね。
あなたもぜひ可能な限りの裏ワザを駆使して、安くキャリアスマホを利用して下さい!